Image Credit:Apple Seeds visionOS 1.1 Release Candidate

Appleは、開発者向けに近日公開予定のvisionOS 1.1アップデートのリリース候補版をリリースしました。新機能が公開される前に開発者がテストできるようになりました。このアップデートには、iMessageのContact Key Verificationをサポートする機能や、Vision ProでのAppleデバイス管理の追加が含まれています。これにより、企業や教育機関のIT部門は、Vision ProヘッドセットをiPhoneやiPad、Macと同様に管理できるようになります。また、新機能により、ボリューメトリックシーンを以前よりも近くに再配置でき、より簡単に直接的なインタラクションが可能になりました。その他にも、Personaや仮想キーボード、Mac仮想ディスプレイにいくつかの改善が加えられています。visionOS 1.1のベータ版は、数日以内に一般公開される見通しです。
Appleは、開発者向けに次のvisionOS 1.1のリリース候補版を提供しました。これにより、一般公開に先立ち、新機能をテストできます。visionOSベータをダウンロードするには、デバイスのSettingsアプリに移動し、開発者ベータを切り替える必要があります。登録された開発者アカウントが必要であり、新しいソフトウェアをインストールする前にバックアップを作成することを推奨しています。visionOS 1.1では、iMessage Contact Key Verificationのサポートが追加され、Vision ProにAppleデバイス管理機能が追加されました。これにより、企業や教育機関のIT部門がVision ProヘッドセットをiPhones、iPads、およびMacsと同じ方法で管理できます。

引用元記事はこちら
Apple Seeds visionOS 1.1 Release Candidate