Image Credit:Apple Releases visionOS 1.1 With Improvements to Persona, EyeSight, Virtual Keyboard and More

Appleが、2月にVision ProとともにリリースしたvisionOSに初の大規模アップデート、visionOS 1.1を公開しました。更新はVision Proの設定アプリから、一般セクションを選択し、ソフトウェアアップデートを選択することでインストールできます。アップデートは、前面のEyeSightディスプレイに進捗バーが表示されるため、Vision Proのヘッドセットを外して新しいソフトウェアをインストールする必要があります。今回のアップデートでは、Mobile Device Managementが導入され、PersonaとEyeSightが改善されました。

Virtual keyboardはバグ修正やカーソルの位置合わせの向上が図られ、Mac Virtual Displayにもバグ修正が行われます。アップデートのリリースノートには、Mobile Device ManagementやMessages、Accessibilityなどの改良内容が明記されています。これらには、企業向けの機能やiMessageのサポート、閉じたキャプションの追加などが含まれます。

Vision Proの初年度は多くの機能の改良が予定されており、今後さらに多数のアップデートが予想されます。また、既にvisionOS 2の開発も進められており、6月にプレビューが予定されています。それに続く情報はAppleのオフィシャルサイトで発表されますので、今後のアップデートにご期待ください。
Appleが本日、Vision Proと共に2月にリリースされたvisionOSの初の大規模アップデートであるvisionOS 1.1をリリースしました。visionOSのアップデートはVision Proの設定アプリからインストール可能で、進行状況はフロントのEyeSightディスプレイに表示されます。今回のアップデートでは、企業向けにMobile Device Managementが利用可能になり、PersonaとEyeSightの見た目が向上しています。また、バーチャルキーボードの使い勝手も向上し、マック仮想ディスプレイのバグも修正されています。Appleは既にvisionOS 2の開発に取り組んでおり、6月にプレビューされる予定です。

引用元記事はこちら
Apple Releases visionOS 1.1 With Improvements to Persona, EyeSight, Virtual Keyboard and More