Image Credit:Apple Announces WWDC 2024 Event for June 10 to 14

エップルは年次開発者カンファレンスをオンラインで開催すると発表しました。イベントは6月10日から14日までの期間で、全ての開発者が無料参加できます。開発者は、イベント中に新機能やソフトウェアについて学ぶことができるオンラインセッションやラボも用意される予定です。カンファレンスの中でiOS 18やmacOS 15などの新バージョンが発表されるキーノートイベントは6月10日にオンラインで公開されます。また、特定の開発者や学生向けの特別イベントも計画されており、参加者はキーノートやプレゼンテーションを鑑賞したり、Apple従業員と交流したりできます。開発者向けプログラムメンバーやSwift Student Challengeの勝者たちは、この特別イベントに招待される機会があります。勝者は3月28日に発表され、Appleは追加情報をメールや開発者アプリ、開発者ウェブサイトを通じて提供する予定です。


Pexelsによる写真提供

Appleは2024年のWWDC(Worldwide Developers Conference)を6月10日から6月14日までのオンラインイベントとして開催することを発表しました。このイベントは以前の2020年以降同様、全ての開発者向けに無償で公開されます。WWDC 2024にはオンラインセッションやラボが含まれ、開発者は新機能やソフトウェアについて学ぶことができます。
Appleは6月10日にWWDC 2024のキーノートイベントを開催し、iOS 18、iPadOS 18、tvOS 18、macOS 15、watchOS 11、visionOS 2などを発表します。このキーノートイベントはApple Developerアプリ、Appleのウェブサイト、YouTubeで視聴でき、1週間を通じて動画や情報をシェアする予定です。
WWDC 2024がオンラインイベントである一方で、選ばれた開発者や学生向けに特別なイベントもApple Parkキャンパスで開催されます。Apple Developer ProgramメンバーやApple Entrepreneur Campの卒業生、Swift Student Challengeの受賞者、Apple Developer Enterprise Programのメンバーなどが、Apple Parkのイベントに参加できる可能性があり、Appleは抽選で参加者を選出します。
Appleは通常、WWDCの日程発表時にSwift Student Challengeを実施しますが、今年は早くもチャレンジが始まりました。受賞者は3月28日に発表されます。受賞者はApple Parkの特別イベントに参加でき、優秀な50名には3日間のカリフォルニアでの招待もあります。AppleはWWDC 2024に関する追加情報を、メールやApple Developerアプリ、Apple Developerウェブサイトを通じて開発者に提供します。

引用元記事はこちら
Apple Announces WWDC 2024 Event for June 10 to 14