Image Credit:Kuo: Apple Vision Pro on Track to Launch in More Countries Before WWDC in June

AppleのアナリストであるMing-Chi Kuo氏は、Apple Vision Proが6月の年次開発者会議WWDC前にさらに他の国で展開されるとの考えを再確認しました。このヘッドセットは今月初めにアメリカで最初に発売されました。
Vision Proはおそらく、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、イギリスなどの英語圏外に拡大されるでしょうが、フランス、ドイツ、イタリア、スペインなどの国でヘッドセットを展開する準備の一環として、visionOSのローカライズも進められています。
Kuo氏によると、Vision Proの需要はアメリカでの発売後に「大幅に減少」したとのことです。Kuo氏は「今年のU.S.出荷予想は20万~25万台であり、Appleの元の見積もりよりもよい結果となりましたが、それでもこの市場はまだニッチ市場です」と述べています。
詳細は後日発表予定です。


Pexelsによる写真提供

Ming-Chi Kuo has mentioned that the Apple Vision Pro headset will be launched in more countries before Apple’s WWDC event in June. After its initial release in the U.S., the headset is expected to expand to other English-speaking countries like Australia, Canada, New Zealand, and the U.K. Additionally, Apple is preparing to launch the headset in countries like France, Germany, Italy, and Spain by localizing the visionOS. Kuo noted that demand for the Vision Pro has slowed down in the U.S. since its launch on February 2, with estimated shipments for this year being 200,000–250,000 units, surpassing Apple’s initial projection. However, Kuo still considers this market to be niche.

引用元記事はこちら
Kuo: Apple Vision Pro on Track to Launch in More Countries Before WWDC in June