Image Credit:SEC’s Hester Peirce still plans to push for a token ‘safe harbor’ plan

米国における暗号通貨および投資家にとって友好的な法的枠組みの整備に関する取り組みが続いています。幸いなことに、ウェブ3コミュニティには影響力のある友人がいます。
米国証券取引委員会(SEC)の委員であるヘスター・ピアースが提案した更新された「トークンセーフハーバー2.0」は約3年前に公開されましたが、彼女はあきらめていません。
これまでのバージョンでは進展がなかったことにも関わらず、委員はあきらめません。「米国で暗号通貨のイノベーションを生かし続けるためには、明らかに3.0バージョンが必要になるでしょう」と彼女は語りました。彼女はジョージタウン大学マクドノー経営大学院でTechCrunchとの独占インタビューで述べました。
ピアースは「暗号通貨に懐疑的な人々の懸念に応える一方で、イノベーターの合法的な懸念にも対応する余地がある」と付け加えました。

以前のバージョンでは、トークンの発行に関する疑問に答えることを目指していたとピアースは説明しました。彼女は、2017年のイニシャルコインオファリング(ICO)ブームの後にこの概念の初期バージョンを作りました。この時期に多くのスタートアップが独自のトークンを発行し、それに関する開示がほとんどなかったのです。
セーフハーバープランは、開発チームに初期の3年間を与え、彼らが分散型ネットワークに参加し、連邦証券法の登録規定から免除されることを目指していました(GitHubのドキュメント参照)。
ピアースの提案は、トークンの販売期間中に開示することを求めるものでした。その後、ブロックチェーンが本当に分散化されており、誰も他の人よりも情報を持っていない場合、開示はもはや必要ではなくなり、すべての情報が一般に公開され、誰にでも利用可能になるという考えでした。
委員は3.0についてまだ詳細を明らかにしていませんが、人々からのアイデアを歓迎しています。「トークンセーフハーバーに限らず、もっと一般的に言えば、SECが明日、より生産的なアプローチを取ることを望むとしたら、アイデアはどうなるのか、どこに時間をかけるべきか」と彼女は述べています。
ピアースは、新しいトークンプロジェクトに15年間存在し、IPOを行っている企業と同じ種類の開示と法的理解を期待するのは非現実的だと考えています。「いくつかの人々がこれらのトークンプロジェクトに対して抱く期待と現実の間には、実際に問題があります」とピアースは述べました。「その結果、開示が得られず、企業が米国外に進出してしまう結果になります」。
Electric Capitalのゼネラル・パートナーであるマリア・シェンによれば、暗号通貨の開発者エコシステムは世界的に拡大し続けており、北米以外の開発者の割合は74%です。そのため、昨年の米国のブロックチェーン開発者の割合は24%に減少し、2017年の40%から昨年より5%減少しました(同社の2023年開発者レポートによる)。

「米国でビジネスを行うのは非常に複雑だというメッセージが送られていると思う」とピアースは語りました。「それゆえ多くの人々が他の場所を探ったり、異なるアプローチを採ったりしていることは問題です」と彼女は付け加えました。
ルールが明確でないと、スタートアップと規制当局の両者にとって、良いものと悪いものを見極めることが難しくなります。「人々は規制について考えるための時間を費やしており、本当はテクノロジーを使って何ができるかについて考えることができるはずです」とピアースは語りました。
彼女は、先月、証券取引委員会が11のビットコインETFの発行会社を承認した後、「SECに新しい日が明けていると楽観的に考えるのはとても楽しいことだろう」と冗談を言いました。しかし一方で、彼女は「その日が来たときに準備ができている必要がある」とも付け加えました。

米国では、暗号通貨や投資家に友好的な法的枠組みの整備が進んでいます。幸いなことに、ウェブ3コミュニティには影響力のある関係者がいます。
米国証券取引委員会(SEC)の委員であるヘスター・ピアスは、彼女が提案した暗号通貨のセーフハーバープロポーザル2.0を3年ほど前に発表しましたが、彼女は諦めていません。
過去のバージョンでは成果を上げていないものの、ピアス委員は諦めていません。「政府が米国で暗号通貨のイノベーションを生かし続けたいのであれば、必ず3.0バージョンが必要だと思います」と彼女は述べました。TechCrunchのファイアサイドチャットでの独占インタビューで、ジョージタウン大学マクドノー経営大学院で述べました。
ピアス委員は、「合法な懸念を抱く暗号通貨の懐疑派に対処するだけでなく、イノベーターの合法的な懸念にも対応するものが必要だと思います」と付け加えました。
プロポーザルの以前のバージョンは、トークンの発行に関する疑問に答えることを目指していました。ピアス委員は、2017年のイニシャルコインオファリング(ICO)ブームの後にこの概念の初期バージョンを作成したと説明しました。その時期に多くのスタートアップが独自のトークンを発行し、それについての開示がほとんど行われていなかったためです。
セーフハーバープランは、初期の開発チームに3年の猶予期間を与え、分散型ネットワークの参加と創造を行い、「連邦証券法の登録規定から免除されることができる」とGitHubの文書に記載されています。
ピアス委員の提案では、トークンの販売時に開示を義務付けることを目指していました。その後、ブロックチェーンが本当に分散化されていて、誰もが他の誰よりも情報を持っていない場合は、開示は必要なくなるという考え方でした。なぜなら、すべての情報が誰にでも公開されていて利用可能だからです。
委員はまだ3.0の詳細は明らかにしていませんが、人々からアイデアを積極的に受け入れています。「Token Safe Harborに関するアイデアだけでなく、より一般的なアイデアも歓迎します。SECが明日目覚めて「より生産的なアプローチを取りたい」と言った場合、アイデアはどのようになり、どこに時間を費やす必要があるでしょうか?」と述べました。
ピアス委員は、新しいトークンプロジェクトに、15年間存在し、IPOを行っている企業と同じような開示と法的理解を求めることは合理的ではないと考えています。「トークンプロジェクトに対して一部の人々が望む期待と現実の間には大きなミスマッチがあります」とピアス委員は述べました。「その結果、開示を得られず、企業が米国外に移動することになります」。
Electric Capitalのジェネラルパートナーであるマリア・シェンによると、暗号通貨の開発者エコシステムはグローバルに拡大し、北米以外の開発者の割合は74%に上るとのことです。同社の開発者レポートによると、昨年の米国のブロックチェーン開発者の割合は24%となり、2017年の40%から減少し、前年比で5%減少しました。
ピアス委員は、「米国でビジネスをするのは本当に複雑だというメッセージが伝わっていると思います」と述べました。「そのため、多くの人々が他の場所を探したり、異なることをしようとしています。これは問題です」と彼女は付け加えました。
明確なルールがないと、スタートアップと規制当局の双方が「正当な」ものと「そうでない」ものを切り分けるのが難しくなります。ピアス委員は冗談交じりに、「規制について考えるのに多くの時間を費やすことがありますが、それを技術の活用に使えたらどんなことが実現できるかを考える時間に使えるはずです」と述べました。
彼女は、先月、11のビットコインETF発行業者を承認した後でさえ、「SECは「新しい日の夜明け」に向かって動いていると考えることは非常に楽観的である。しかし、反対に彼女は「その日が来たときに準備ができていなければいけない」と付け加えました。
この記事は、「TechCrunchのChain Reaction」というポッドキャストのエピソードがインスピレーションとなったものです。最も革新的な企業を構築している起業家からのストーリーやヒントを聴くために、Apple Podcasts、Spotify、またはお気に入りのポッドキャストプラットフォームで「Chain Reaction」を購読してください。

引用元記事はこちら
SEC’s Hester Peirce still plans to push for a token ‘safe harbor’ plan