Image Credit:0G Labs launches with whopping $35M pre-seed to build a modular AI blockchain

暗号通貨スペースが活発化している中、新しいスタートアップの資金調達も盛んに行われています。Web3インフラ企業である0G Labsは、前種子ラウンドで3,500万ドルを調達しました。0GはモジュラーAIブロックチェーンを開発しており、これによってweb3エコシステム内のオンチェーンAIアプリケーションにおけるスピードやコスト効率などの課題を軽減することを目指しています。このモジュラー性によって、開発者は自身のニーズに最適なコンポーネントを選択してブロックチェーンシステムやアプリケーションを構築することができます。今後、彼らは高いセキュリティとスループットに焦点を当て、50 Gbpsのスループットを目指しています。彼らはまた、mainnetに展開されることで、Web2.0アプリケーションがオンチェーンに構築できると計画しています。これにより、オンチェーンAIやオンチェーンゲーム、高頻度のDeFiなどの新しい利用可能性が生まれるでしょう。

暗号通貨の市場が盛り上がる中、新しいスタートアップへの資金調達も活発化しています。 0G Labsは、Web3インフラストラクチャ企業として、最初のシードラウンドで3,500万ドルを調達したことが明らかになりました。0Gは、モジュラーなAIブロックチェーンを作成しており、Web3エコシステム内のオンチェーンAIアプリケーションのスピードやコストの効率性などの課題を和らげることを目指しています。競合他社には、CelestiaやEigenLayerなどのモジュール構築に重点を置く企業も存在しています。モジュラリティは、開発者がブロックチェーンシステムやアプリケーションを構築する際に使用するコンポーネントを選択できるようにします。ユーザーのニーズに最適な構成にコンポーネントを調整することが可能です。

引用元記事はこちら
0G Labs launches with whopping $35M pre-seed to build a modular AI blockchain