Image Credit:a16z’s Chris Dixon thinks it’s time to focus on blockchains’ use cases, not speculation

仮想通貨の世界は騒音に包まれています。メメコイン、投機、ラグプル、詐欺、ハイプ、ドゥーマーなどが私たちの注意をそらし、人々がブロックチェーンを使って建設している革新的なものに気付くことができません。そして、時にはその騒音が情報の流れを汚染しすぎて、技術への信頼を持ち続けるのが非常に困難になってしまいます。

それでも、あるベンチャーキャピタルのベテランは、明確な道を切り開く唯一の方法は、ブロックチェーン技術に焦点を当て、その業界でビルディングを行っているスタートアップに注目することだと感じています。

アンドリーセン・ホロウィッツ(a16z)のパートナー、クリス・ディクソンは、「仮想通貨とブロックチェーンはよくニュースで取り上げられますが、その多くは投機と価格に関するものです。私たちが活動しているエンタープライズの側面は別の物語です。ブロックチェーンの生産的な側面と呼ぶべきものです」と、TechCrunchのChain Reaction podcastで話しています。

ディクソンは2012年からa16zに在籍しており、現在は同社の仮想通貨部門を率いています。この1年ほど、彼は新しい書籍「Read Write Own」を執筆しており、今週初めに発売されました。

書籍では、ディクソンはブロックチェーンを鋼鉄に、Web 2.0インターネットを木材に例えています。鋼鉄が登場した当初、多くの人々はそれが不要だと思っていましたが、規模での採用が始まると事態は劇的に変わったということです。

暗号通貨の世界は騒音に満ちています。メメコイン、投機、詐欺、ハイプ、悲観論などが、ブロックチェーンを利用して革新的なものを作り上げる人々の努力を隠してしまいます。そして、騒音が情報の流れを汚染しすぎて、技術への信頼を続けることが非常に困難になることもあります。

それにもかかわらず、ベンチャーキャピタルのベテランであるクリス・ディクソン氏は、クリアな道を切り開く唯一の方法は、ブロックチェーン技術に焦点を当て、その業界で活動するスタートアップに注力することだと感じています。

ディクソン氏は2012年以来a16zに在籍しており、現在は同社の暗号部門を率いています。彼は過去1年ほど自身の新しい著書「Read Write Own」に取り組んでおり、先週発売されました。

この本では、ディクソン氏はブロックチェーンを鋼鉄に、ウェブ2.0を木材に喩えています。鋼鉄が出現した当初、ほとんどの人々はそれが不要だと考えていましたが、規模の拡大に伴い、事態は劇的に変化しました。

引用元記事はこちら
a16z’s Chris Dixon thinks it’s time to focus on blockchains’ use cases, not speculation