Image Credit:Worldcoin hit with another ban order in Europe citing risks to kids

Worldcoinはヨーロッパでのサービス提供が問題視され、ポルトガルを最後にほとんど撤退しました。スペインやポルトガルのデータ保護機関からの処遇停止措置を受け、バイオメトリクス技術を用いたサービスが運営されていました。ポルトガル側はサービス提供停止措置を発令し、子どもの目のスキャンなどの問題に対応しています。また、EUのデータ保護法に適合しないとして批判があり、個人情報を永久に保持する設計も問題視されています。一方、Worldcoinは条令違反を否定し、問題点に関して透明性を保っていると主張しています。欧州各国のデータ保護機関が続々と対応し、ポルトガルの当局も市民の権利保護のために行動を続けるとしています。

Worldcoinがスペインとポルトガルで一時的に使用停止命令を受けるなど、ヨーロッパでの展開が問題視されています。特に、子供の虹彩をスキャンしたことや個人情報の取り扱いに関する問題が指摘されています。ヨーロッパでは一般データ保護規則(GDPR)が存在し、個人情報に関する権利が保護されています。Worldcoinのアプローチはこの規制と相反する可能性があります。また、バイオメトリックデータの取り扱いや個人の身元確認のための取り組みも議論を呼んでいます。ポルトガルのデータ保護当局はWorldcoinに対して一定の期限内に指示を遵守するよう求めています。また、ドイツは現在ヨーロッパで唯一、Worldcoinがバイオメトリクスの収集を行っている国の一つです。

引用元記事はこちら
Worldcoin hit with another ban order in Europe citing risks to kids