Image Credit:Apple Releases visionOS 1.0.1 Ahead of Vision Pro Launch

2月2日にVision Proが発売されるまでに、Appleは開発者のNicolás Álvarezによると、本日、ヘッドセット向けのvisionOS 1.0.1を公開しました。公開されたソフトウェアのアップデートの詳細は不明ですが、バージョン番号からして、おそらくバグ修正などのマイナーアップデートであると思われます。
BloombergのMark Gurmanによれば、1月23日の会議の後、Appleは選ばれたメディア向けにVision Proのレビューユニットを出荷し始めると報じられており、そのヘッドセットでは即座にアップデートとしてvisionOS 1.0.1が利用可能になるはずです。もし初回のVision ProユニットがvisionOS 1.0を搭載して出荷される場合、これは一般向けの初日アップデートともなるかもしれません。
visionOS 1.0.1は、Vision Proにおける初めてのソフトウェアアップデートであり、ビルド番号は21N311です。Appleは6月のWWDCで新機能を備えた大規模なvisionOS 2.0のアップデートを発表する可能性があります。
(情報提供:Aaronさん、ありがとうございます!)


Pexelsによる写真提供

Vision Proのリリースは2月2日になりますが、開発者のNicolás Álvarezによると、Appleは本日、ヘッドセット向けのvisionOS 1.0.1をリリースしました。公開されるvisionOSのリリースノートはまだ開示されていないため、新機能については不明ですが、バージョン番号から推測すると、バグ修正が主なアップデートのようです。
BloombergのMark Gurmanによると、1月23日の会議の後、AppleはVision Proのレビューユニットを選ばれたメディア関係者に発送し始めると述べており、そのヘッドセットには即座のアップデートとしてvisionOS 1.0.1が利用可能になるはずです。初期のVision ProユニットがvisionOS 1.0を搭載して発売される場合は、公開時にもデイワンアップデートとしてリリースされるかもしれません。
visionOS 1.0.1はVision Proの初のソフトウェアアップデートであり、ビルド番号は21N311です。Appleはおそらく6月のWWDCで新機能を備えた大規模なvisionOS 2.0アップデートを発表するでしょう。

引用元記事はこちら
Apple Releases visionOS 1.0.1 Ahead of Vision Pro Launch