Image Credit:Apple Releases macOS Sonoma 14.4.1 With Fix for USB Hub Bug

本日、AppleがmacOS Sonoma 14.4.1をリリースしました。このアップデートは、昨年9月にリリースされたmacOS Sonomaのマイナーアップデートで、前のバージョンであるmacOS Sonoma 14.4から3週間後に提供されました。14.4.1のアップデートでは、USBハブが外部ディスプレイに接続されている場合に認識されない問題や、Javaを利用したアプリが予期せず終了する問題、専門の音楽アプリ向けのAudio Unitプラグインが開かない問題などが修正されています。これらのバグは、Macユーザーが14.4以降から苦情を述べてきた重要な問題です。また、macOS Venturaをまだ使用しているユーザー向けにもmacOS 13.6.6がリリースされました。アップデートは無料で、システム設定のソフトウェア更新セクションからダウンロード可能です。これにより、Macの問題が解決され、より快適な操作が実現されます。


Pexelsによる写真提供

最新の更新、macOS Sonoma 14.4.1については、USBハブを接続した外部ディスプレイが認識されない問題や、Javaを含むアプリが突然終了する問題などが修正されています。プロ用音楽アプリ向けのCopy Proofed Audio Unitプラグインが開けない問題も解消されました。これらの問題は、macOS 14.4のリリース以降、Macユーザーからの不満の声が上がっていました。Appleはセキュリティ内容についても公開しており、詳細はAppleのサポートページで確認できます。macOS Sonoma 14.4.1の更新は、Macのバグ修正に役立つもので、対象のMacで無料でダウンロードできます。

引用元記事はこちら
Apple Releases macOS Sonoma 14.4.1 With Fix for USB Hub Bug