Image Credit:Apple Readying In-Box iPhone Software Update System for Retail Stores

Appleが新たに、専用のシステム「プレスト」を導入します。これにより、販売前のiPhoneのソフトウェアをパッケージから取り出さずに、店舗スタッフがワイヤレスでアップデートできるようになります。このシステムはMagSafeなどのワイヤレス技術を活用し、「靴のための金属の小箱のような形状」をしています。4月から全米で段階的に導入が始まり、初夏までに全米の店舗に展開される予定です。「プレスト」は、封印されたiPhoneボックスを専用のパッド状のデバイスに置くことでiPhoneの起動とソフトウェアのアップデートを自動で行います。このシステム導入により、リテールストアでのiPhoneの販売時に古いソフトウェアが搭載されたままとなる事態が回避され、新しいiPhoneのセットアップがより簡単になるでしょう。


Pexelsによる写真提供

Appleは、新しいシステム「Presto」を展開する予定です。このシステムでは、小売店のスタッフがアイフォーンのソフトウェアを出荷前にワイヤレスでアップデートすることが可能となります。このシステムは、MagSafeやその他のワイヤレス技術に依存しており、「靴の収納ボックスのような金属製のキュービーのような外観」と描写されています。全米での展開が4月に始まり、Appleは早い段階で全米の小売店にこの技術を導入する予定です。

Gurmanは最新のニュースレターで、このワイヤレスシステムについて述べており、封印されたiPhoneの箱を専用のパッド状のデバイスに置くことで、アイフォーンをワイヤレスで再起動し、最新バージョンのソフトウェアにアップデートし、電源をオフにすることができると報告しています。Prestoは、小売店で時代遅れのソフトウェアを搭載したままiPhoneを販売することを防ぐためにAppleが開発しました。

引用元記事はこちら
Apple Readying In-Box iPhone Software Update System for Retail Stores