Image Credit:‘Critical’ Chinese Apps Coming to Apple Vision Pro

Tencent, a large tech company from China, has agreed to provide its key apps on Apple’s Vision Pro headset before its release in China later this year. Tencent is known for popular apps like WeChat and games such as Honor of Kings and PUBG. Apple’s Vision Pro, set to launch in China soon, may face challenges without Tencent’s apps. Apple aims to introduce Apple TV+, Apple Arcade, and Apple Fitness+ in China with local partners. Since 2017, Apple has not launched new services in China due to government regulations. The release of Vision Pro in China may be affected by pricing and a potential name change caused by trademark conflicts with Huawei.
今回、中国のテクノロジージャイアントである腾訊は、今年後半に中国での発売を控えているAppleのVision Proヘッドセット向けに、自社の主要なアプリの提供を承諾しました。腾訊は世界でも最大規模のマルチメディア会社の一つであり、中国で広く普及しているアプリやサービスを保有しています。Apple TV+やDisney+などのエンターテイメントサービスは中国では利用できません。中国でのVision Proの成功には、腾訊の貢献が不可欠であり、その移動はデバイスの成功において「重要」とされています。Apple CEOのTim Cookは先週、Vision Proが中国で発売されることを確認しました。中国での輸入税により、Vision Proは他国よりも高価になる可能性があり、Huaweiとの商標紛争により、別の名前でマーケティングされるかもしれません。Appleはまた、中国のパートナーを探していて、Apple TV+、Apple Arcade、Apple Fitness+を中国で展開し運営するための協力を求めています。政府の規制のため、2017年にiCloud以降、中国で新しいサービスを展開していません。

引用元記事はこちら
‘Critical’ Chinese Apps Coming to Apple Vision Pro