Image Credit:iOS 18 Rumor: Apple and Baidu ‘Yet to Reach’ Generative AI Partnership

報道によると、Appleは中国の企業とのAIパートナーシップをまだ結んでいない様です。以前の報道では合意に達したとされていましたが、現時点では交渉が継続中かどうかは確認されていません。もしパートナーシップが実現すれば、Baiduが中国専用のiOS 18のAI機能を強化する可能性があります。
中国政府の承認を受ける必要がある生成AIモデルでは、BaiduのErnieチャットボットが中国で許可されていますが、GoogleのGeminiやOpenAIのChatGPTは中国では利用できません。また、Appleは米国市場や他の国々向けにGoogleやOpenAIとも同様のパートナーシップ交渉を行ったとされています。
今後のiOS 18では、さまざまなiPhone機能やアプリに新しい生成AI機能が盛り込まれると噂されており、Appleは後日、この新機能に関するアナウンスを行うと予告しています。このアップデートのプレビューは6月のApple開発者会議WWDCで行われる予定なので、Appleの計画について知るのは数か月後となるでしょう。


Pexelsによる写真提供

日本のユーザーに知っておくべき情報として、Appleが中国の企業「Baidu」との生成AIパートナーシップをまだ達成していないことが報じられています。もし合意が成立すれば、BaiduがiOS 18の生成AI機能の一部を中国国内で提供する可能性があります。生成AIモデルは中国政府の承認を受ける必要があり、BaiduのErnie chatbotは中国で許可されていますが、GoogleのGeminiやOpenAIのChatGPT chatbotは利用できません。また、Appleはアメリカ市場や他の国々向けにもGoogleやOpenAIと同様の生成AIパートナーシップについて話し合っていると報じられています。最新のiOS 18には、様々なiPhone機能やアプリ(Siri、Spotlight、Apple Music、Health、Messages、Numbers、Pages、Keynote、Shortcutsなど)に新しい生成AI機能が含まれる噂があり、6月のWWDCでプレビューされる予定です。

引用元記事はこちら
iOS 18 Rumor: Apple and Baidu ‘Yet to Reach’ Generative AI Partnership