Image Credit:Crypto exchange OKX ceases services in India

インド向けの仮想通貨取引所OKXは、サービス提供を終了することを発表しました。これに先立つ出来事として、AppleとGoogleがOKXのアプリを取り下げたことが挙げられます。これは、インド政府機関が多くの仮想通貨取引所が南アジア市場で不正に運営していると発表したことによるものです。政府機関は、バイナンス、Kraken、Huobi、Gate.ioなどが不正運営のアプリとして挙げられましたが、OKXはその対象外でした。OKXは、インドのお客様に4月末までにすべての資金を引き出すようアドバイスしています。これは「現地法規制」に基づく措置だそうです。
インドでは昨年3月に、仮想通貨が資金洗浄対策やテロ資金供与防止の対象になりました。多くの企業がFIUに登録しましたが、いくつかの国際取引所は法に違反しているとされています。インド国内の仮想通貨取引所は、新規ユーザー登録時に厳格な本人確認を求めていますが、多くの海外プラットフォームは同様ではありません。Coinbaseは昨年、インドの消費者へのサービス提供を停止しました。このような状況にある中、インドのトレーダーの中には税金を逃れるため、グローバルな仮想通貨取引所に注目する動きも見られます。ランプアップするインドは、2022年から仮想通貨に30%の利益課税と取引ごとに1%の控除を導入しています。

OKXがインドの利用者向けのサービスを停止すると発表しました。これに先立ち、インド政府機関が多くの仮想通貨取引所が不法に営業していると述べたことにより、AppleとGoogleがOKXのアプリを引き下げたと報じられています。インドのFIU(Financial Intelligence Unit)は、Binance、Kraken、Huobi、Gate.ioなどを不法営業として名指ししましたが、OKXは公式声明でその中には含まれていませんでした。OKXは、4月末までに全ての資金を引き出すようインドの顧客に指示し、現地の規制を理由に行動しています。

インドは昨年3月に仮想通貨を反マネーロンダリングとテロ資金供与防止の枠組みの対象にしました。現地の取引所CoinSwitchやCoinDCXなど数十の企業がFIUに登録しましたが、数多くの国際取引所が法律違反の状態が続いています。インド国内の仮想通貨取引所は新規ユーザーの登録前に厳格な顧客確認を要求し続けていますが、同様の規定を全ての国際プラットフォームが満たしているわけではありません。Coinbaseは昨年、インドでの顧客受け入れを停止しました。

引用元記事はこちら
Crypto exchange OKX ceases services in India