Image Credit:Apple Facing Imminent U.S. Antitrust Lawsuit

アメリカの司法省が、木曜日にもアップルを独占禁止法違反で訴える準備を進めていると報じられました。これは、2019年に開始された主要テクノロジー企業の独占禁止審査をもとにした調査の結実となる訴訟になります。この調査では、アップルの行動に関するさまざまな側面が取り上げられており、アップルの競合他社を排除する方法などが検証されています。アップルの競合企業や大手銀行なども、アップルのビジネスプラクティスに対する苦情を述べるために独占禁止調査官と話し合いを行っています。過去に欧州で2つの重要な事件があり、EUデジタル市場法に準拠するためにアップルはiOS 17.4でApp Storeの運営方法を大幅に変更しなければならなかったり、最近では対抗する音楽サービス企業に対して反競争的行為で20億ドルの罰金を科されるなど、問題が集中的に浮上しています。


Pexelsによる写真提供

米国司法省がAppleを独占禁止法違反で訴える準備を進めており、その訴状は木曜日にも提出される見通しです。これは、2019年におおよそ始まった主要技術企業の独占禁止法検討から派生した調査の結実となります。これまでに、米国規制当局はGoogle、Meta、Amazonに対してすでに訴訟を起こしています。

Apple関係者は過去数年にわたり何度も司法省と会談しており、調査はiMessageから広告の実践まで幅広く対象となっています。司法省が調査した内容には以下が含まれます:

– Apple Watchが他のスマートウォッチよりもiPhoneとの相性が良い理由
– Appleが競合他社をiMessageから締め出している方法
– Appleが金融機関をApple Payに類似したタップペイサービスを提供できないように制限している方法
– Appleが第三者開発者が提供するアプリやサービスよりも自社のアプリやサービスを優遇しているかどうか
– AppleがApp Storeからクラウドゲームアプリをブロックしている方法
– AppleがAirTagと競合するデバイスからiPhoneの位置サービスを制限している方法
– App Tracking Transparencyが広告データの収集に与えた影響
– Appleが徴収しているアプリ内購入手数料

Tile、Beeper、Basecamp、Meta、SpotifyなどのAppleの競合他社や大手銀行は独占禁止法の調査官と協議を行い、Appleの実践に対する苦情を伝えています。司法省はAppleが独占的な市場地位を維持するために違法な手法を使用し、iPhone上のハードウェアやソフトウェア機能において競合他社をブロックしていると主張する予定です。

引用元記事はこちら
Apple Facing Imminent U.S. Antitrust Lawsuit