Image Credit:Apple Seeds watchOS 10.4 Release Candidate to Developers

Appleは今日、watchOS 10.4のリリース候補版を開発者向けに提供しました。このソフトウェアは、公開リリースまで1週間後にリリースされたwatchOS 10.4の第4ベータ版に続くものです。リリース候補版はwatchOS 10.4の最終版であり、来週の公開リリースが予定されています。
開発者が最新のwatchOS 10.4をインストールするには、Apple Watchアプリを開き、設定の「一般」の中の「ソフトウェアアップデート」セクションに移動し、「watchOS 10 Developer Beta」をオンにする必要があります。Apple IDが開発者アカウントにリンクされていることが求められます。
ベータ版のアップデートが有効化されると、watchOS 10.4は同じ「ソフトウェアアップデート」セクションでダウンロードできます。ソフトウェアをインストールするには、Apple Watchはバッテリー残量が50%以上である必要があり、Apple Watchの充電器に置かれている必要があります。
watchOS 10.4には、ライムや食べられる茶色いキノコ、不死鳥、壊れたチェーン、上下に振る頭(「はい」の意味)や横に振る頭(「いいえ」の意味)など、新しい絵文字が含まれています。Vision Proを使用する際にApple Watchでのダブルタップ機能を無効にする設定もあります。この機能は、意図せずVision Proを操作してしまう危険を軽減します。
Appleのリリースノートによると、watchOS 10.4には新機能、改善点、バグ修正が含まれています。たとえば、通知を展開するためにダブルタップする「Tap to Show Full Notification」設定、AssistiveTouchでApple Payを使用する際に、追加のセキュリティのためにパスコードが必要になること、およびディスプレイ上で誤タッチが起こる問題への対応が含まれています。これらの情報はAppleのサポートページで確認できます。watchOS 10.4は近い将来、iOS 17.4とともに公開される見込みです。


Pexelsによる写真提供

今日、Appleは次期watchOS 10.4アップデートのリリース候補版を開発者向けに公開しました。これは、4回目のwatchOS 10.4ベータ版リリースから1週間後のことです。RC版は来週一般公開されるwatchOS 10.4の最終版です。開発者は、Apple Watchアプリを開き、設定の「一般」内のソフトウェアアップデートセクションに移動し、watchOS 10 Developer Betaをオンにする必要があります。また、このためには開発者アカウントにリンクされたApple IDが必要です。watchOS 10.4には、新しい絵文字キャラクターが含まれており、他にも複数の新機能や改善が提供されます。また、セキュリティの情報はAppleのサポートページで確認できます。watchOS 10.4はおそらくiOS 17.4と一緒に近日中に一般公開される予定です。

引用元記事はこちら
Apple Seeds watchOS 10.4 Release Candidate to Developers