Image Credit:Taiko raises $37M to build web3 infrastructure for a censorship-free internet

仮想通貨の世界では、中心化の懸念や価格の変動がありますが、ブロックチェーンの可能性に期待する人々も存在します。Taikoの創設者、ダニエル・ワン氏もその一人で、彼は社会の中心化を解消することを目指しています。ワン氏はイーサリアムに基づいて分散型アプリを作る予定でしたが、徹底的な調査の結果、現行の解決策が十分に分散化されていないことが分かり、その課題を埋めるためにTaikoを立ち上げました。 従来、イーサリアムの処理能力の限界により、スケーラビリティに問題が生じていましたが、ロールアップと呼ばれるレイヤー2の解決策が登場しました。  ただし、ワン氏によると、多くのロールアップはスケーラビリティを確保する一方で分散化を損なっているため、web3の精神を崩しています。これらの課題に対処するため、タイコは2022年3月に設立されました。今後の投資家には、プレストラボラトリーズ、フロートレーダーズ、アンバーグループ、OKXベンチャー、GSR、WWベンチャーズなどが含まれています。 また、企業の運営についてもイーサリアムと同様、ネットワークの所有権を持たないことを目指しており、公共財の提供を目指しています。 ワン氏によると、現在の技術的課題の一つは、中立な者が分散型コンテンツとユーザーの間に位置し、コンテンツを適切にフィルタリングすることです。このようなアプローチが成功裏に実装されるのを待ち望んでいます。 ただし、望ましいコンテンツの作成を促進するためには、ユーザーに報酬を付与する仕組みをどう構築するか、という課題もあります。 ネットワークの独自な観点を反映したコンテンツをフィルタリングすることで、多様なユーザーベースを引き付けることができる可能性があります。10年後には仮想通貨が広く普及すると考えられており、その過程で既存の技術の活用が重要であると述べられています。

暗号通貨市場での憶測やボラティリティがある中、ブロックチェーンの潜在能力を信じる一部の個人が存在します。Taikoの創設者であるダニエル・ワンはその理想主義的な立場の一つです。ワンは、分散型ネットワークが検閲に対抗するのに役立つと考えており、イーサリアムの開発者会議で次のように述べています。ワンはEthereum上に分散アプリを構築する計画でしたが、Ethereumの現在の処理能力は15トランザクション/秒であり、多くのアプリケーションには不十分です。そのため、「ロールアップ」と呼ばれるLayer 2の解決策が浮上しました。Taikoは、真に分散したソーシャルアプリのためのインフラストラクチャ層を提供することを目指しており、2022年3月に設立されました。

引用元記事はこちら
Taiko raises $37M to build web3 infrastructure for a censorship-free internet