Image Credit:Apple Releases visionOS 1.1 Beta 4

Appleは、開発者向けの次期visionOS 1.1アップデートの第4ベータ版をリリースしました。一般公開前に新機能をテストすることができます。新しいアップデートは、3番目のベータ版のリリースから1週間後に提供されました。visionOSベータは、Settingsアプリで開発者ベータをオンにすることでダウンロードできます。新しいソフトウェアをインストールする前に、登録された開発者アカウントが必要であり、Appleはバックアップの作成を推奨しています。visionOS 1.1には、iMessage Contact Key Verificationのサポートが追加され、Vision ProにAppleデバイス管理が組み込まれます。これにより、企業や教育機関のIT部門が、Vision ProヘッドセットをiPhone、iPad、Macと同様に管理できるようになります。Appleのベータノートによると、ユーザーは、立体シーンを以前よりも近くに再配置することができ、立体シーンコンテンツとより簡単に直接やり取りできるようになりました。つまり、オブジェクトを自分の近くに配置できます。さらに、Appleは、visionOS 1.1でPersonasを改善し、以前よりも自然でリアルな外観にしました。
Appleは、開発者向けに未来のvisionOS 1.1アップデートの第4ベータ版をリリースしました。このベータ版をダウンロードするには、デバイスの「Settings」アプリにアクセスし、開発者ベータをオンに切り替える必要があります。インストールする前にバックアップを取ることが推奨されています。visionOS 1.1では、iMessage Contact Key Verificationのサポートが追加され、Vision ProにAppleデバイス管理機能が追加されます。これにより、企業や教育機関のIT部門がVision ProヘッドセットをiPhoneやiPad、Macと同じように管理できます。ユーザーはボリューメトリックシーンを以前よりも近づけることができるようになり、より簡単にボリューメトリックシーンのコンテンツと直接やり取りできます。また、visionOS 1.1では、Personasが以前よりも自然でリアルに見えるように改善されました。

引用元記事はこちら
Apple Releases visionOS 1.1 Beta 4