Image Credit:Apple’s Decision to Disable Web Apps Attracts Scrutiny in EU

ヨーロッパ委員会は、AppleがEU内でHome Screen webアプリを無効にする動きを調査することを検討しています。iOS 17.4の第2ベータ版がリリースされた後、AppleがEU内でiOS webアプリの機能を制限したことが明らかになりました。Webアプリは、以前のように独自のトップレベルウィンドウから全画面を占めて起動できず、代わりにSafari内で開くオプションを持つシンプルなショートカットに追いやられました。批評家は、この変更がiOSにおけるネイティブアプリへの代替手段としてのWebアプリの役割を低下させると主張しています。EUの競争規制当局は先週、開発者に質問を送り、変更の影響を把握するための前兆となる可能性があると見られる詳細な調査を行うことを明らかにしました。Appleは、WebアプリがiOS内でどのように機能するかを変更する必要があったのは、EUのDigital Markets Act(DMA)に準拠するためだと主張しています。Appleは、調整が少数のユーザーにのみ影響すると信じています。Webアプリに対する潜在的な調査は、AppleがDMAに適合するための3月6日の締め切り後に行われる可能性がありますが、Appleがさらに譲歩すれば正式な手続きを回避できるかもしれません。


Pexelsによる写真提供

ヨーロッパ委員会が、AppleがホームスクリーンのWebアプリをEUで無効にすることを検討しているとの報道があります。iOS 17.4の第2ベータ版リリース後、AppleはEUでのiOS Webアプリの機能を制限したことが発覚しました。批評家は、この変更がWebアプリのiOSにおけるネイティブアプリの代替手段としての役割を低下させると主張しています。欧州連合の競争規制当局は、この変更の影響を把握するために先週、開発者に質問を送信し、詳細な調査の前触れと見られるものを確認したとのことです。Appleは、iOSにおけるWebアプリの動作変更をEUのデジタル市場法(DMA)に準拠するためと主張しています。可能性のある調査はDMAの遵守期限である3月6日を過ぎてから行われるかもしれませんが、Appleがさらなる譲歩をすれば形式的な手続きは回避されるかもしれません。

引用元記事はこちら
Apple’s Decision to Disable Web Apps Attracts Scrutiny in EU