Image Credit:Not-So-FineWoven iPhone Case ‘Browning Like a Rotten Banana’

iPhon15のFineWovenケースは、リリース時に皮革製のケースと比較して質が低いとして批判を浴びました。ウォールストリートジャーナルのコラムニスト、Joanna Sternは、自身の経験を共有し、これに火を付けました。Sternの報告によると、5ヶ月の使用後、FineWovenケースは縁がめくれ、布地が傷だらけで茶色く変色していたそうです。マスコミやオンラインのレビューサイトでは、多くの顧客が同じ問題を指摘しており、批判が集まっています。Appleは、FineWovenケースが優れたマイクロツイルで作られ、iPhoneを長年保護すると主張しています。しかし、実際のところ、ユーザーの評価は「クソ製品」との意見が圧倒的に多いようです。製品リリースから半年以上経っても悪い評判が絶えない中、AppleはなおもFineWovenケースの品質について譲歩しておらず、その結果、FineWovenケースは不評を買っているとされています。


Pexelsによる写真提供

Apple社のFineWoven iPhoneケースが市場導入時にレザーケースよりも劣ると非難されたことや、Wall Street JournalのJoanna Sternが5ヶ月間使用した経験を共有したことが紹介されています。Stern氏のニュースレターによると、FineWovenケースは5ヶ月間の使用で端が剥がれ、生地が傷つき、褐色に変色するなどの問題が発生しているようです。Appleは、FineWovenケースが耐久性のあるマイクロツイル素材で作られており、数年間iPhoneを保護すると説明しています。しかし、実際に使用しているユーザーからは、剥がれ、傷つき、汚れやすい傾向などの問題が指摘されています。Daring FireballのJohn Gruberは、FineWovenケースの所有者に意見を募ると、多くの回答者が「クオリティが低い」と回答しているようです。Appleは現在もFineWovenケースの問題を認めず、皮革の代替素材が失敗であるとは言っていませんが、一般の意見ではFineWovenケースが劣っているという結論が出されています。

引用元記事はこちら
Not-So-FineWoven iPhone Case ‘Browning Like a Rotten Banana’