Image Credit:Apple Seeds Fourth Beta of watchOS 10.4 to Developers

Appleは、新しいwatchOS 10.4アップデートの4番目のベータ版を開発者向けに提供しました。このベータ版は先週にリリースされた3番目のベータ版の1週間後に登場しています。開発者はApple Watchアプリを開き、設定の「一般」内のソフトウェアアップデートセクションに移動し、watchOS 10 Developer Betaをオンにする必要があります。アプリアカウントにリンクされたApple IDが必要です。ベータアップデートが有効化されると、watchOS 10.4をダウンロードできます。ソフトウェアをインストールするためには、Apple Watchのバッテリー残量が50%以上で、Apple Watchの充電器に置かれている必要があります。
watchOS 10.4には、新しい絵文字が追加されています。ライム、食べられる茶色のキノコ、フェニックス、壊れたチェーン、縦に頭を振る(「はい」という頷き)、横に頭を振る(「いいえ」の頷き)などの絵文字が含まれています。また、Apple Watchを使用している際に、Vision Proを制御するときにDouble Tap機能を無効にする設定もあります。Double TapジェスチャーがVision Proを制御するときに誤って作動することがあるためです。
AppleはwatchOS 10.4のベータ版を開発者向けにリリースしました。このベータ版をインストールするためには、Apple Watchアプリを開き、設定の「一般」内のソフトウェア・アップデートセクションに移動し、watchOS 10 Developer Betaをオンにする必要があります。開発者アカウントに紐づけられたApple IDが必要です。ベータ版がアクティブ化されたら、同じソフトウェア・アップデートセクションでwatchOS 10.4をダウンロードできます。ソフトウェアをインストールするには、Apple Watchはバッテリー残量が50%以上で、Apple Watch充電器に置かれている必要があります。
watchOS 10.4には、ライムや食用の茶色いきのこ、フェニックス、壊れた鎖、縦に振る頭(「はい」という意味の肯定の意味)、横に振る頭(「いいえ」という意味の否定の意味)など、新しい絵文字キャラクターが含まれています。
また、Vision Proを使用しているときにApple Watchのダブルタップ機能を無効にする設定があります。Vision Proを操作する際にダブルタップジェスチャが誤って作動する可能性があるため、この設定に注意が必要です。

引用元記事はこちら
Apple Seeds Fourth Beta of watchOS 10.4 to Developers