Image Credit:Vision Pro Gets iMessage Contact Key Verification on visionOS 1.1 Beta

アップルは火曜日に、初めてのvisionOS 1.1ベータ版をリリースしました。最新のアップデートでは、Personasの改善に加えて、Vision ProにiMessageのContact Key Verificationが追加されました。
iMessageのContact Key Verificationは、オプションのセキュリティ機能であり、面接や電話での認証コードの比較により、メッセージの相手が誰であるかを手動で確認することができます。この機能は、昨年のiOS 17.2、iPadOS 17.2、watchOS 9.2、macOS 14.2以降のiPhone、iPad、Apple Watch、Macで提供されています。
iMessageのContact Key Verificationには、「高度な保護機能」も含まれており、Appleによれば、会話の双方がこの機能をオンにしている場合にのみ、攻撃者が会話参加者をなりすますのを防ぐことができます。Appleはサポートドキュメントで詳細を提供しています。
この変更に関してRyan Isaacs氏からの情報提供に感謝いたします。
アップルは火曜日、最初のvisionOS 1.1ベータ版をリリースしました。このアップデートでは、改善されたパーソナと共に、Vision ProにiMessage連絡先キーの検証が追加されました。
iMessage連絡先キーの検証は、個人的に確認コードを比較するか電話で確認することによって、メッセージを送受信する相手の確認を行うオプションのセキュリティ機能です。この機能は昨年、iOS 17.2、iPadOS 17.2、watchOS 9.2、macOS 14.2を搭載したiPhone、iPad、Apple Watch、Macで開始されました。
iMessage連絡先キーの検証には、「高度な保護機能」も含まれており、アップルによれば、これによって他のユーザーが会話中の誰かのなりすましを防ぐことができます。ただし、この保護機能はiMessageの会話の両方の参加者が機能をオンにしている場合にのみ適用されます。アップルはサポートドキュメントで詳細情報を提供しています。
この変更についてご報告いただいたRyan Isaacsさんに感謝いたします。

引用元記事はこちら
Vision Pro Gets iMessage Contact Key Verification on visionOS 1.1 Beta