Image Credit:Optic ID: Apple Explains Vision Pro’s Iris Authentication System

Appleは、Vision Proの発売に続いて、ヘッドセットのOptic IDアイリス認証オプションについて追加の詳細を共有しました。
Optic IDは、目の中の色の違いである虹彩の個別性を認識し、Vision Proを素早くロック解除したり、Apple Payの購入を認可したり、サードパーティのアプリにサインインしたり、個人データにアクセスしたりすることができます。iPhoneやiPadでFace IDやTouch IDをサポートしているアプリは、自動的にOptic IDに対応しています。Optic IDの設定後、Personaを使用するためには必要です。
Appleによれば、「Touch IDが指紋を使用した認証を革新したように、Face IDが顔認識を使用した認証を革新したように、Optic IDも虹彩認識を使用した認証を革新します。Optic IDは、Apple Vision Proの高性能なアイトラッキングシステム(LEDと赤外線カメラ)によって実現される、直感的で安全な認証です」とAppleは述べています。
Optic IDは、デフォルトで両目をスキャンします。虹彩と瞳孔のサイズがさまざまな照明条件で変化するため、Appleによれば、Optic IDは各成功した認証後に登録されたテンプレートを更新することで適応します。Appleは、すべての生体認証データが暗号化され、iCloudや他の場所にバックアップされないことを保証しています。
Optic IDを片目のみで使用するためのアクセシビリティオプションがあり、設定アプリのアクセス性→アイ入力でオンにすることができます。Optic IDを完全にオフにすることもできます。その場合、パスコードのみで認証を行います。
視力矯正が必要なユーザーのために、Optic IDはVision ProのZEISS光学インサートや処方箋のソフトコンタクトレンズと共に使用することができます。
Appleによれば、Optic IDは虹彩認識のために「高度なハードウェアとソフトウェア」を使用しています。
Appleは「Optic IDを設定する際、空間時間的に変調された安全な近赤外線光が目に照射され、Apple Vision Proのアイトラッキングカメラが虹彩の画像をキャプチャーします。これらの虹彩の画像データはSecure Enclaveに送信され、Secure Enclave内で保護された一部のApple M2チップのニューラルエンジンと一緒に数学的な表現に変換されて登録されます。Optic IDで認証する際にも、同じプロセスを使用して虹彩を登録された生体認証データと照合し、一致するかどうかを判断します」と述べています。
Appleによれば、Optic IDシステムは国際的な安全基準に準拠しており、「発振子の低出力により、目や皮膚に害を与えることはありません」とのことです。
Appleは、Optic IDを使用して他の人があなたのVision Proを解除する確率は、Face IDと同様に100万分の1以下であると述べています。Appleは、Optic IDが「近赤外線ドメインでの詳細虹彩構造」に基づいて照合することで、「虹彩の色素沈着に依存しない、非常にユニークなパターンを明らかにします」と説明しています。
Optic IDでは、一致しない試行が最大5回続いた後にパスコードが必要になります。さらなる保護のために、10回連続したパスコード認証の失敗後にすべての情報、メディア、個人設定が消去されるようにVision Proを設定することができます。
以下の場合にも、パスコードの入力が必要です。
・デバイスがオンになったばかりまたは再起動された場合。
・デバイスが48時間以上ロック解除されていない場合。
・パスコードが過去6日半以内にデバイスのロック解除に使用されず、かつOptic IDが過去4時間以内にデバイスをロック解除していない場合。
iPhoneが近くにある場合、これらの場合でもOptic IDを使用することができる場合があります。Appleは、Optic IDの設定と使用についてのサポートドキュメントで説明しています。


Pexelsによる写真提供

AppleのVision Proの発売を受けて、同社はOptic IDの追加詳細を共有しました。
Optic IDは、あなたの目の中の色が異なることを認識し、Vision Proを素早くロック解除し、Apple Payの購入を承認し、サードパーティのアプリにサインインし、個人データにアクセスするなどの機能を提供します。iPhoneやiPadでFace IDやTouch IDをサポートしているアプリは、自動的にOptic IDにも対応しています。Optic IDを設定した後は、Personaの使用にも必要になります。
Appleは、「Touch IDが指紋認証、Face IDが顔認識を利用して認証を革新したように、Optic IDは虹彩認識を利用して認証を革新します。Optic IDは、高性能なアイ トラッキングシステムのLEDと赤外線カメラによって可能になった、直感的で安全な認証を提供します。」と述べています。
Optic IDは、デフォルトで両方の目をスキャンします。瞳孔と虹彩のサイズは照明条件によって変化するため、Appleは、毎回の認証成功後に登録されたテンプレートを更新することでOptic IDを適応させると述べています。Appleは、すべての生体認証データが暗号化されており、iCloudやその他の場所にバックアップされないことを保証しています。
Optic IDを片眼で使用するアクセシビリティオプションもあり、設定アプリの「アクセシビリティ」→「目の入力」でオンにすることができます。完全にOptic IDをオフにすることもでき、その場合はパスコードのみで認証します。
視力矯正が必要なユーザーのために、Optic IDはVision ProのZEISS光学インサートと処方ソフトコンタクトレンズと連携します。
Appleによれば、Optic IDは「先進的なハードウェアとソフトウェア」を使用して虹彩認識を行います。
Appleは、「Optic IDの設定時に、空間および時間的に変動する安全な近赤外線光が目を照らし、Apple Vision Proのカメラが虹彩の画像をキャプチャします。この虹彩の画像データはセキュアエンクレーブおよびセキュアエンクレーブ内で保護されているApple M2チップのニューラルエンジンの一部で処理され、登録のための数学的な表現に変換されます。Optic IDで認証する際にも、同じプロセスが使用され、虹彩が登録された生体認証データと一致するかどうかを判断します。」と述べています。
Appleは、Optic IDシステムは国際的な安全基準に準拠しており、「発光体の出力が低いため、眼や皮膚に害を及ぼすことはありません」と説明しています。
Appleによれば、Optic IDを使用して誰かがあなたのVision Proをロック解除する確率は、Face IDと同様に100万分の1以下です。同社は、Optic IDは「近赤外領域の詳細な虹彩構造にマッチングし、虹彩の色素には依存しない非常に独特なパターンを明らかにします。」と説明しています。
Optic IDでは、パスコードが必要になる前に最大5回のマッチングに失敗することができます。さらなる保護のために、10回連続したパスコード失敗後にすべての情報、メディア、個人設定を消去するようにVision Proを設定することもできます。
以下の場合にもパスコードを入力する必要があります:
– デバイスが起動または再起動したばかりの場合。
– デバイスが48時間以上アンロックされていない場合。
– パスコードが過去の6.5日間使用されず、Optic IDが過去4時間以内にデバイスをアンロックしていない場合。
Appleは、Optic IDの設定と使用に関するサポートドキュメントで説明しているように、これらの場合でも近くにiPhoneがあればOptic IDを使用できる場合があると述べています。

引用元記事はこちら
Optic ID: Apple Explains Vision Pro’s Iris Authentication System