Image Credit:Microsoft Overtakes Apple as World’s Most Valuable Company [Updated]

マイクロソフトが市場価値でアップルを抜き、世界で最も価値のある上場企業になりました。アップルの株価はわずか1%下がったため、マイクロソフトは2兆8700億ドルの価値でわずかにリードしました。
マイクロソフトは2018年以来、最も価値のある企業として一時的にアップルを抜いており、最近は2020年と2021年になりました。供給チェーンの不足への懸念によりアップルの株価が落ち込み、リモートワークのブームがマイクロソフトを支えました。マイクロソフトは、人工知能ツールをバックアップするためにOpenAIを支援しており、これが企業価値を高める一因となりました。一方、アップルの同等の提供が目立たなかったため、マイクロソフトが優位に立ちました。
アップルは11月の決算報告で、iPadやウェアラブルデバイスの需要が予想を下回る結果となりました。Macの売上も前年比で大幅に落ち込んでいます。ビジョンプロヘッドセットへの反応が市場に与える影響はまだわかっていませんが、低い販売予測と高価格のため、期待は比較的低いです。
午後1時40分の更新:取引日の終了時には、アップルが2兆8900億ドルの時価総額でトップに返り咲き、マイクロソフトの2兆8600億ドルを上回っており、両社は今後数日や数週間で何度も交互に入れ替わる可能性がありますが、それぞれの価値は近い水準で推移しています。
マイクロソフトがアップルを上回り、時価総額で世界で最も価値のある公開企業になりました。アップルの株価はわずか1%下落し、マイクロソフトは2兆8700億ドルの価値でアップルを僅かに押しのけました。
マイクロソフトは2018年以来、一時的にアップルを最も価値のある企業として抜いた経験があります。最近では、サプライチェーンの不足によりアップルの株価が下落し、リモートワークのブームがマイクロソフトを支えました。過去1年間、マイクロソフトはOpenAIを支援することで人工知能ツールの普及を促しており、アップルには同等の提供が目立たない状況です。
アップルの11月の決算報告では、iPadやウェアラブルの需要が予想を下回りました。また、Macの売り上げも前年比で大幅に減少しました。Vision Proヘッドセットへの反応が市場にどのような影響を与えるかはまだわかりませんが、低い販売予測と高価格の点から期待は比較的低いです。
午後1時40分のアップデート:通常取引の終了時点で、アップルの時価総額は2兆8900億ドル(マイクロソフトの2兆8600億ドルに対して)となり、両社は今後数日間や数週間、価値が近いため何度も入れ替わる可能性があります。

引用元記事はこちら
Microsoft Overtakes Apple as World’s Most Valuable Company [Updated]