Image Credit:Apple to Pay iPhone 7 Users in U.S. Who Experienced ‘Loop Disease’ Audio Issues

昨年、アップルはアメリカの集団訴訟を解決するために3,500万ドルを支払うことに合意しました。訴訟では、iPhone 7とiPhone 7 Plusが欠陥チップのためにオーディオの問題に陥りやすいと主張されていました。そして、アップルは今、メールで対象の顧客に通知を始めました。
もし、アメリカに在住し、2016年9月16日から2023年1月3日までにiPhone 7またはiPhone 7 Plusを所有し、訴訟でカバーされたオーディオの問題をアップルに報告し、または修理や交換のためにアップルに出費した場合、アップルから支払いを受ける資格があるかもしれません。
通知を受け取っていないが、クレームを提出する資格があると思う場合は、info@smartphoneaudiosettlement.com にメールするよう指示されています。
支払い方法の選択、和解に異議を唱えるか、和解から外れるかを選ぶ締め切りは6月3日で、詳細は和解通知のウェブサイトで確認できます。アップルに直接支払った人は最大349ドルを受け取ることができ、それ以外の人は最大125ドルを受け取ることができます。和解案は7月18日にカリフォルニアの裁判所で承認される予定です。
アップルは2019年にアメリカの複数の州でこの問題に対して訴えられましたが、アップルは和解に合意したにもかかわらず、いかなる違法行為も否定しており、訴訟を審理している裁判所もアップルまたは原告のいずれかに有利な判決を下していません。

「ループ病」
2018年5月にマクルモアズが入手した内部文書によると、アップルは一部のiPhone 7およびiPhone 7 Plusモデルに影響を及ぼすマイクの問題を認めました:
一部の顧客は、iOS 11.3にアップデートした後、iPhone 7またはiPhone 7 Plusのマイクが機能せず、通話時にスピーカーボタンがグレーアウトしていると報告するかもしれません。
症状:
– 通話中にスピーカーボタンがグレーアウトしている
– 電話やFaceTimeの通話で相手に自分の声が聞こえない
– iOS 11.3をインストールした後に作成したビデオや音声メモを再生すると、音が出ない
この問題はインターネット上では「ループ病」として非公式に知られています。アップルは内部的に問題を認識していましたが、ウェブサイトでこの問題についてのサービスプログラムを公開せず、私たちが何度もコメントを求めても応じませんでした。

訴訟では、外部ケーシングの材料が不十分であり、内部部品を保護するのに適切ではないと主張されました。その結果、通常の使用中にデバイスが「屈曲」し、オーディオチップがロジックボードとの電気的な接触を失ってしまったとしています。
アップルは最初、サービスプロバイダーが影響を受けたiPhoneのために「保証例外」を要求できると述べ、少なくとも一部の顧客に無料修理を提供しましたが、それは2018年7月に文書が削除された後、突然終了しました。その後、一部の顧客はアメリカで300ドル程度の有償修理を支払わなければならなかったこともあります。

和解が承認されれば、数年間の沈黙の後、これらの顧客はアップルから少なくとも一部の金を取り戻すことができるでしょう。
昨年、Appleは米国の集団訴訟を解決するために3,500万ドルを支払うことに合意しました。この訴訟では、iPhone 7とiPhone 7 Plusのデバイスに欠陥のあるチップが原因でオーディオの問題が発生しやすかったとされています。Appleは、対象となる顧客に対して電子メールで通知を開始しました。
もし、あなたが2016年9月16日から2023年1月3日までに所有していたiPhone 7またはiPhone 7 Plusの米国居住者であり、上記の訴訟に関するオーディオの問題をAppleに報告したり、修理や交換のためにAppleに支払った場合、Appleからの支払いを受ける資格があるかもしれません。
通知を受け取っていないが、自分が請求をする資格があると思う場合は、info@smartphoneaudiosettlement.com までメールで連絡するように指示されています。
支払方法を選択したり、和解に異議を唱えたり、和解から離脱する期限は6月3日であり、詳細は和解通知のウェブサイトで確認できます。Appleに支払った顧客は最大349ドル、他の顧客は最大125ドルを受け取ることができます。なお、この和解は7月18日にカリフォルニアの裁判所の承認が必要です。
Appleは2019年に複数の米国州でこの問題について訴えられましたが、Appleは和解に合意したものの、どんな違法行為も否定しており、集団訴訟の審理はAppleや原告らの有利な判決を下していません。

“ループ病”
2018年5月、MacRumorsが入手した内部文書によれば、Appleは一部のiPhone 7とiPhone 7 Plusにマイクの問題があることを認めました。
一部の顧客は、iOS 11.3にアップデートした後、iPhone 7またはiPhone 7 Plusのマイクが機能せず、通話を行うとスピーカーボタンがグレーアウトしてしまう、と報告するかもしれません。
症状: – 通話中にスピーカーボタンがグレーアウトすること – 通話やFaceTimeで相手が顧客の声を聞けないこと – iOS 11.3をインストールした後、顧客が録音したビデオや音声メモを再生すると音が出ないこと
この問題はオンライン上で非公式に「ループ病」と呼ばれています。Appleは内部で問題を認めているにもかかわらず、公式のサービスプログラムをウェブサイトに掲載することもなく、私たちが繰り返しコメントを求めても一切応答しませんでした。
集団訴訟によれば、この問題の原因は「iPhoneの外部ケースに使用されている材料が不十分であり、内部部品を保護するのに適切ではない」とされ、通常の使用中にデバイスが「屈曲」することでオーディオチップが基板との電気接触を失ってしまうと述べられています。
最初は、Appleはサービスプロバイダーが対象となるiPhoneに「保証例外」を要求できると述べ、少なくとも一部の顧客には無料で修理が行われましたが、2018年7月に突然、Appleはその文書を削除したことで修理が終了しました。その後、一部の顧客は修理のためにアメリカで約300ドルの保証外料金を支払わなければなりませんでした。
もし和解が承認されれば、これまでの沈黙の数年間の後、これらの顧客はようやくAppleから少なくとも一部のお金を取り戻すことができるでしょう。
(情報提供: Michael Burkhardtさん)

引用元記事はこちら
Apple to Pay iPhone 7 Users in U.S. Who Experienced ‘Loop Disease’ Audio Issues