Image Credit:Apple Highlights Guest and Travel Modes on Vision Pro

ビジョン プロでのエンターテイメントオプションについて、Appleが発表を行いました。その中で、ゲストユーザーモードとトラベルモードの機能にも簡単に触れています。
ゲストユーザーモードでは、写真やSafariなどの特定のアプリへの制限付きで、家族や友人にビジョン プロを利用させることができます。Appleによれば、ゲストユーザーモードの間は、メインユーザーのApple IDアカウント設定、Optic ID、パスコード、パスワード、Apple Pay、Persona、そして健康データが制限されます。
ゲストユーザーモードは、Appleのアプリ開発ツールXcodeの一環であるvisionOSシミュレーターで昨年発見されました。シミュレーターによれば、このモードは5分間ヘッドセットが着用されていない場合には自動的にオフになります。
Control Centerを介してオンにすると、Appleによればトラベルモードは、飛行機でヘッドセットを着用しているユーザーに安定した映像を提供します。トラベルモードは昨年、MacRumorsの寄稿者であるスティーブ・モーザーさんによってvisionOSベータコードで最初に発見され、当時の取材でこの機能の詳細が説明されました。
トラベルモードに関連した注意書きによれば、明らかに自動車の運転中にビジョン プロは使用すべきではありません。
ビジョン プロは、アメリカで1月19日の金曜日午前5時(太平洋時間)から予約受付を開始し、2月2日の金曜日に発売されます。


Pexelsによる写真提供

Appleが発表したプレスリリースによると、Vision Proでのエンターテイメントオプションに関する内容が簡単に述べられています。また、Appleはヘッドセットの「Guest User」と「Travel Mode」の機能にも触れました。
Guest Userモードでは、家族や友人にVision Proを使用させることができますが、アプリのアクセス範囲は写真やSafariなどに制限されます。ただし、Guest Userモードがオンの場合、主なユーザーのApple IDアカウント設定、Optic ID、パスコード、パスワード、Apple Pay、Persona、および健康データは制限されます。
Guest Userモードは、昨年、Appleのアプリ開発ツール「Xcode」の一部であるvisionOSシミュレータで発見されました。シミュレータによれば、このモードはヘッドセットが5分間使用されない場合に自動的にオフになるようです。
また、Appleによれば、Control CenterからオンにすることでTravel Modeが有効になり、飛行機でヘッドセットを着用しているユーザーに安定した映像を提供します。Travel Modeは、MacRumorsの寄稿者であるSteve Moser氏が昨年、visionOSベータ版コードで初めて発見しました。詳細は当時の報道で説明されています。
なお、Travel Modeに関連する注釈によれば、自動車の運転中にVision Proを使用しないように注意が必要だとAppleは警告しています。
Vision Proは、米国では1月19日午前5時(太平洋標準時)から予約受付が開始され、2月2日金曜日に発売されます。

引用元記事はこちら
Apple Highlights Guest and Travel Modes on Vision Pro