Image Credit:Spotify Complains That Apple Hasn’t Approved Update With Subscription Pricing and Links in EU

AppleはSpotifyのiOSアプリ更新を承認しておらず、Spotifyはその件で欧州委員会に苦情を申し立てました。AppleはSpotifyのApp Storeへの提出に対して反応していないため、Spotifyは困惑しています。また、欧州委員会はAppleに対して約20億ドルの制裁金を課し、Appleが市場での支配的地位を悪用してユーザーにより安価なサブスクリプションプランを伝えることを妨げたと指摘しました。これに対しAppleは若干の変更を求められ、Spotifyはそれに応じたアップデートを提出しています。しかし、Appleからの返答がまだない状況です。Spotifyは、Appleの行動がECの決定に適合しておらず、ECがAppleにアプリ更新の承認を求めるべきだと主張しています。なお、SpotifyはAppleの新規約に同意する必要があり、手数料も支払う必要があることが明らかになっています。


Pexelsによる写真提供

スポティファイがAppleに承認されなかったアップデートについてヨーロッパ委員会に苦情を申し立てました。ヨーロッパ委員会は、Appleが市場で優越的な立場を悪用して、音楽ストリーミングサービスがiOSアプリの外でより安価な定額購読価格についてユーザーに伝えるのを阻止しているとして、Appleに約20億ドルの罰金を科しました。その決定に基づき、スポティファイは定額購読価格の階層化とアプリ内購入を使用せずに支払うオプションを追加した更新を提出しましたが、Appleからの返答はないとのことです。スポティファイはAppleにアプリ更新を承認するよう要請しています。これに対しAppleは24時間以内にアプリの審査を行うと発表していたが、その発表とは異なる対応をとっているとスポティファイが指摘しています。

引用元記事はこちら
Spotify Complains That Apple Hasn’t Approved Update With Subscription Pricing and Links in EU