Image Credit:Apple Vision Pro’s Name May Still Face Trademark Issues in China

Appleは中国で「Vision Pro」という名前の商標権に関する問題を抱えているかもしれません。中国のテクノロジージャイアントであるHuaweiは2021年に「Vision Pro」という名前を登録し、仮想現実ヘッドセットやウェアラブルビデオディスプレイなど広範囲の商品やサービスをカバーしています。2023年6月にAppleが「Apple Vision Pro」というブランド名の商標を出願しましたが、審査中であり、商品の中国におけるブランディング戦略が未確定のままです。Huaweiは2022年12月に「Vision Glass」を導入し、Visionブランドの一環としてスマートテレビのラインナップも拡大しています。AppleのVision Proが米国で発売された後、Huaweiも類似のデバイスを発売する準備をしていると噂されています。


Pexelsによる写真提供

アップルのVRヘッドセット「Vision Pro」が中国で発売される際、HUAWEIとの商標問題がある可能性があります。中国のテック企業HUAWEIは2021年に「Vision Pro」という名前を登録しており、「Vision Pro」の商標権を2031年11月まで独占的に保持しています。中国国家知的財産局(CNIPA)によると、アップルの「Vision Pro」商標の申請は現在「再審査拒絶」となっています。さらに、アップルは2023年6月に「Apple Vision Pro」の商標を申請しており、現在審査中です。このため、中国での製品のブランディング戦略は不透明な状況にあります。HUAWEIは「Vision Glass」というスマート眼鏡でスマートウェア市場に参入しており、Appleの「Vision Pro」と同様のデバイスを準備しているという噂が広まっています。

引用元記事はこちら
Apple Vision Pro’s Name May Still Face Trademark Issues in China