Image Credit:Worldcoin fails to get injunction against Spain’s privacy suspension

新興企業が行っていたアイスキャンに関連するサービスがプライバシーに対する懸念からスペインで一時的に停止されました。スペインのデータ保護機関が緊急の権限を行使し、最大3か月の間適用される地域指令を発出しました。アイスキャン会社は、アイスキャンのサービスがスペインで一時停止されており、今後も3か月間続けられる見通しです。アイスキャンによる生体認証データの収集は、個人の権利や自由に高いリスクをもたらす可能性があるため、スペインの機関は特段の懸念を表明しています。スペインの裁判所は、アイスキャン企業の要求に反實する仮処分を却下しました。スペインの裁判所は、公益の保護が優先されるべきと判断しました。訴訟手続きでは、未成年者からのデータが不十分に取り扱われているとの苦情も寄せられています。

Worldcoinは、スペインのデータ保護機関であるAEPDからの一時停止命令に対する差し止め令を取得できなかったことが明らかになりました。AEPDは、個人の権利や自由に高いリスクをもたらす可能性のある生体認証データの収集に慎重に対処するため、緊急権限を行使して地元の命令を発行しました。今回の裁判では、Worldcoinのサービスがスペインで最大3か月間停止されることになりました。AEPDの一時停止命令は、生体認証データにかかるリスクや個人情報の削除、同意の撤回権限に関する懸念などを根拠にしており、裁判所はこれを妥当と判断しました。Tools for Humanityは一時停止が世界的なビジネスに「取り返しのつかない損害」を与えると主張しましたが、裁判所はこれを認めず、AEPDの一時停止は時間制限があり、スペインにのみ適用されることを明確にしました。

引用元記事はこちら
Worldcoin fails to get injunction against Spain’s privacy suspension