Image Credit:Apple ID Could Be Rebranded to ‘Apple Account’ Later This Year

アップルがApple IDをApple Accountに改称する準備を進めている可能性が浮上しています。情報筋によると、新しい「Apple Account」の導入が検討されており、今年中に導入される可能性があります。Apple IDは、iCloudやApp Storeなどのサービスへのアクセスを可能にするアカウントであり、全てのAppleプラットフォームで使えるようになっています。Apple IDを介して、アプリや音楽の購入、iCloudを使ったデータの同期、Appleのオンラインストアでの購入などが行えます。
Apple IDからApple Accountへの改称は、2024年後半を予定しており、iOS 18(開発コード「Crystal」)とmacOS 15(開発コード「Glow」)のリリースと同時に行われる見込みです。Appleのウェブサイトやシステムアプリケーションも変更され、新しいブランディングが導入されるかもしれません。
現在、Appleがこの変更を検討している理由は不明ですが、新しいサービスや製品のローンチ前に、複数のマーケティング名が用意されることがあります。そのため、Apple Accountの導入が実現しない可能性もあることを考慮する必要があります。


Pexelsによる写真提供

Appleのwell-knownなApple IDが”Apple Account”に改名される可能性があることが分かっています。Apple IDはiCloudやApp Storeなどのサービスにアクセスするためのアカウントで、Apple全てのプラットフォームで作成やログインが可能で、10年以上にわたりユーザーに利用されてきました。Apple IDからApple Accountへの改名は2024年後半に予定されており、iOS 18やmacOS 15のリリースと同時に行われる見通しです。システムアプリケーションやAppleのウェブサイトも変更が加えられる予定です。Appleがこれらの変更を検討している理由は現時点では明確ではありませんが、Appleは新サービスや製品のローンチ前に複数のマーケティング名を用意することがあるため、Apple Accountのブランディングが実現するかは不透明です。

引用元記事はこちら
Apple ID Could Be Rebranded to ‘Apple Account’ Later This Year