Image Credit:Apple Met With DOJ Antitrust Chief in Bid to Head Off Antitrust Lawsuit

アップルは先週、司法省との会合を行い、独禁法訴訟を回避する最後の努力を行ったと報じられています。司法省は2019年以来、アップルのApp Storeのビジネス慣行を調査し、iOSがサードパーティの開発者や他の企業が提供するアプリやサービスよりもアップル自身のものを優遇しているかどうかを検討してきました。この調査は2023年初頭にさらに拡大され、アップルはアジアや欧州など、数か国で独禁法に違反しているとされています。司法省は近いうちに訴訟を提起する予定であり、アップルは米政府による独禁法訴訟の対象になる可能性があります。
Appleと米司法省の代表者は、AppleのApp Storeのビジネスの実態やiOSがAppleの自社アプリやサービスを第三者開発者や他社の提供するものよりも優遇しているかどうかについて、米司法省が2019年以来調査を行っています。調査はApp Storeのポリシーについての問い合わせから始まり、開発者と会ってApp Storeの審査プロセスについて詳細を知ることも行われました。2023年初めには調査を拡大し、ケースに追加の訴訟担当者を割り当て、調査に関連する企業や協議の資料の提出を求めるなど行動を強化しました。また、過去数年間にAppleは他の多くの国々でも不正競争行為の疑いや調査を受けており、その多くがApp Storeに関連しています。最近では、AppleはEUのデジタル市場法に準拠するため、App Storeやアプリの運営方法を変更することを発表しました。米司法省はこれらの動向を監視していると報じられています。米司法省は数週間以内に、おそらく3月末までにもアンチトラスト訴訟を提起する可能性があるとBloombergの情報筋は伝えています。

引用元記事はこちら
Apple Met With DOJ Antitrust Chief in Bid to Head Off Antitrust Lawsuit