Image Credit:iPhone 17 and iPhone 17 Plus to Feature ProMotion Always-On Displays

来年のiPhone 17とiPhone 17 Plusは、低消費電力バックプレーン技術を採用したOLEDディスプレイを搭載し、ProMotionを初めて標準のiPhoneモデルにも導入します。今現在のiPhone 15とiPhone 15 PlusはLTPSパネルを使用していますが、iPhone 15 Proモデルはより高度なLPTOパネルを採用しています。LPTOパネルはProMotionに対応し、120Hzのリフレッシュレートでスムーズなスクロールや動画再生が可能です。ProMotionにより、ディスプレイは1Hzまでのより省電力なリフレッシュレートに調整され、ロック画面の時計やウィジェット、通知、壁紙を常時表示可能です。今年のiPhone 16とiPhone 16 PlusはLPTSパネルを使用し、iPhone 17シリーズからProMotionと常時表示機能が標準的に導入される見込みです。中国のBOE社がiPhone 17シリーズ向けにLPTOパネルの供給を目指していますが、生産能力と品質管理基準の維持が課題です。
もしBOE社が要件を満たせない場合、Appleは他のサプライヤーであるSamsungやLG DisplayにLPTOパネルの供給を依頼し、BOE社には従来のiPhoneモデルや噂されているiPhone SE4向けのLPTSベースのOLEDパネルを担当するでしょう。ディスプレイアナリストのRoss Youngによると、今年のiPhone 16 Proモデルはアスペクト比を19.6:9に変更し、この変更が翌年の標準的なiPhone 17モデルにも波及する見込みです。デバイスのディスプレイサイズがそれぞれ2.5%拡大し、画面は6.27インチと6.86インチになる予定です。これにより、標準のiPhone 17モデルはサイズが大きくなり、ProMotionや常時表示機能のためにLPTOパネルも搭載されることが期待されます。


Pexelsによる写真提供

次のiPhone 17とiPhone 17 Plusは、従来の液晶パネルから有機ELパネルに変更され、ProMotionが搭載される予定です。ProMotionは、スムーズなスクロールや動画コンテンツを提供するために120Hzのリフレッシュレートを可能にし、1Hz以下まで縮小することで省電力を実現します。それにより、iPhone 17 Proでは、ロック画面の時計、ウィジェット、通知、壁紙などを常時表示することが可能です。中国のサプライヤーであるBOEは、iPhone 17シリーズ向けにLPTOパネルを供給することを望んでいますが、生産能力を維持しつつ品質基準を達成できるかどうかは未だ不透明です。非プロモデルにはLPTSパネルを使用する見込みで、2025年のiPhoneシリーズからProMotionと常時表示が全モデルラインアップに採用される予定です。

引用元記事はこちら
iPhone 17 and iPhone 17 Plus to Feature ProMotion Always-On Displays