Image Credit:Apple Says Spotify Wants ‘Limitless Access’ to App Store Tools Without Paying

ヨーロッパ委員会がアップルに500億ユーロの罰金を課すとの噂が浮上しています。アップルはSpotifyとの関係についてコメントしました。SpotifyはApp Storeの規則変更を求めEU委員会に抗議しています。Spotifyは、Appleのツールやサービスにアクセスし、その価値を支払うことなく制限なく利用したいと主張しています。アップルはこれに対し、「Spotifyは世界最大の音楽ストリーミングアプリであり、App Storeやツールを活用することで成長し、160ヶ国のユーザーにサービスを提供できるようになった。その主張はただアップルの価値を無償で受け取りたがっているだけだ」と反論しています。EU委員会の調査は、Spotifyの提起した規則に関する苦情に端を発しており、SpotifyはアップルによるApp Storeの規則に不満を持ち続けています。アップルは、SpotifyがApp Storeの利用ルールを自らの都合の良いものに書き換えようとしていると主張しています。アップルはSpotifyの苦情は競争や消費者の利益向上ではなく、自社だけの利益追求であると見ています。また、アップルはSpotifyの成功はApp Storeに多くを依存していると主張しておりますが、欧州委員会がこの問題についてSpotifyの苦情に影響を受けているとして見解を示しています。


Pexelsによる写真提供

ヨーロッパ委員会がAppleにEU法を破ったことで5億ユーロの罰金を科すという噂が広まり、AppleはSpotifyとの関係にコメントしました。SpotifyはAppleのツールやサービスに無制限アクセスしようとしているが、Appleからの価値を支払わずに利用しようとしているとAppleは述べました。SpotifyはApp Storeのルール変更を求めてEU委員会に苦情を申し立てています。

Spotifyによって始まった欧州連合のストリーミング音楽市場とApp Storeの政策に関する調査は、Spotifyが主に引き起こしました。SpotifyはApp Storeのルールについて複数回苦情を申し立て、EUと協力してきました。AppleはSpotifyの主張に対抗しており、SpotifyがApp Storeを通じてAppleに支払うことなく技術や収益化の利益を得ようとしていると主張しています。

AppleはSpotifyが競争を妨げ、成長を抑制していると主張するSpotifyの苦情に対して否定的な見解を示しています。AppleはSpotifyの要求が競争ではなくApple自身にとって有利な取引を目指していると見ており、SpotifyがEU委員会を利用していると語っています。アップルはスポティファイがiOS機器上の音楽ストリーミングサービスのユーザーにとって損な事を引き起こすとの欧州委員会の見解に対して異論を唱えています。

引用元記事はこちら
Apple Says Spotify Wants ‘Limitless Access’ to App Store Tools Without Paying