Image Credit:Apple Likely Adopting RCS Messaging Standard to Comply With Chinese Law

アップルがiPhone向けのメッセージアプリにRCSサポートを導入すると発表しました。これは、グーグルやサムスンとの間で交渉を拒否していたアップルにとって驚くべき決定でした。EUのデジタルマーケット法などを理由に、アップルがRCSサポートを導入するのではないかとの噂もありましたが、これは誤りであると指摘されています。実際の理由は、中国政府の圧力によるものとされており、中国の規制がiOSのRCSサポートへの影響を与えたとのことです。これにより、iPhoneとAndroidデバイス間のメッセージング体験が向上する見込みで、ファンには朗報です。アップルは2024年にRCSサポートが実装される予定で、次期メジャーソフトウェアの一部としてリリースされる見通しです。


Pexelsによる写真提供

アップルがiPhoneのMessagesアプリにRCSサポートを導入すると発表し、その背景に中国政府の圧力があるという報告が広まっています。これは、EUの立法成立という状況ではなく、中国からの圧力による方針転換だとされています。RCS(Rich Communication Services)は、iMessageと一緒に使えるようになる予定で、これによりiPhoneとAndroidデバイス間のメッセージング体験が向上する見込みです。この決定は、EUのDigital Markets Actによるものではなく、中国政府の影響が大きかったとされています。

John Gruberによれば、アップルのiOSがRCSをサポートするのは主に中国市場の影響であるとし、中国政府が新しい5GデバイスにRCSサポートを求める規定を検討していることを指摘しています。これにより、アップルは中国での製品販売を続けるために対応を迫られたとのことです。アップルは、RCS導入を進めることで、写真の高画質化、音声メッセージ、既読確認、グループチャットの改善、入力インジケーターなど、iPhoneとAndroidデバイス間のメッセージング体験が向上する予定です。RCSサポートは、2024年後半に提供予定で、iOS 18のリリースまたは次の主要ソフトウェアアップデートで導入される見込みです。

引用元記事はこちら
Apple Likely Adopting RCS Messaging Standard to Comply With Chinese Law