Image Credit:Apple Seeds Third Beta of watchOS 10.4 to Developers

本日、AppleはwatchOS 10.4の次のアップデートのための開発者向けの3番目のベータ版をリリースしました。このベータ版は、前回のwatchOS 10.4のベータ版リリースから1週間後に提供されています。
watchOS 10.4のアップデートをインストールするには、開発者はApple Watchアプリを開き、設定の「一般」セクションの「ソフトウェアアップデート」セクションに移動し、watchOS 10 Developer Betaをオンにする必要があります。開発者アカウントにリンクされたApple IDが必要です。
ベータ版のアップデートを有効にしたら、同じソフトウェアアップデートセクションの中でwatchOS 10.4をダウンロードすることができます。ソフトウェアをインストールするには、Apple Watchのバッテリー残量が50%以上である必要があり、Apple Watch充電器に置いておく必要があります。
watchOS 10.4には、ライムや食用の茶色いきのこ、フェニックス、壊れたチェーン、縦に振る(「はい」という意味のうなずき)や横に振る(「いいえ」という意味の首振り)など、新しい絵文字が含まれています。
また、手のジェスチャーが干渉する可能性があるため、Apple Watchでのダブルタップ機能を無効にするVision Pro設定もあります。


Pexelsによる写真提供

本日、AppleはwatchOS 10.4の最新ベータ版を開発者向けに公開しました。これは、2番目のwatchOS 10.4ベータ版のリリースから1週間後に提供されたものです。
watchOS 10.4アップデートをインストールするには、開発者はApple Watchアプリを開き、設定の「一般」の下のソフトウェアのアップデートセクションに移動し、watchOS 10デベロッパーベータをオンにする必要があります。デベロッパーアカウントに関連付けられたApple IDが必要です。
ベータ版のアップデートが有効になったら、watchOS 10.4は同じソフトウェアのアップデートセクションからダウンロードできます。ソフトウェアをインストールするためには、Apple Watchのバッテリー残量が50%以上でなければならず、Apple Watch用の充電器に置かれている必要があります。
watchOS 10.4には、ライムや食用の茸、フェニックス、切れたチェーン、縦に揺れる頭(「はい」という意味)や横に揺れる頭(「いいえ」という意味)など、新しい絵文字が含まれています。
また、手のジェスチャーが干渉する可能性があるため、Apple Watchの「ダブルタップ」機能を無効にするためのVision Pro設定もあります。

引用元記事はこちら
Apple Seeds Third Beta of watchOS 10.4 to Developers