Image Credit:Farcaster hype grows, Bluesky opens to the public and SEC’s Hester Peirce is open to new token proposals

TechCrunch Crypto(以前はChain Reactionと呼ばれていました)へようこそ。
TechCrunchの最大かつ重要な仮想通貨のニュースが毎週木曜日の午後12時(米太平洋時間)に届く、TechCrunch Cryptoニュースレターの購読はこちらから。
こんにちは、改善されたTechCrunch Cryptoニュースレターの第4版へようこそ。既に内容をご存知かもしれませんが、定期的なニュースの他に、繰り返し出てくるセグメントや特集も追加しましたので、気に入っていただけたら(またはそうでなければ)、jacquelyn@techcrunch.comまでお知らせください。
それでは、以下の主要な見出しを見ていきましょう。
この週のweb3の動き

分散型ソーシャルネットワークFarcasterが、Web 2.0の技術を使って大衆普及を目指しています
おそらくこれがビットコインのETFがまだ価格を急騰させていない理由かもしれません
SECのHester Peirceは、トークンの「安全な保護」計画を推進し続ける予定です
a16zのChris Dixon氏は、ブロックチェーンの応用事例に焦点を当てる時が来たと考えています
Blueskyは今や誰でも参加できるようになりました

数字を分析する
今週の仮想通貨市場は比較的上昇しており、時価総額で最も大きな仮想通貨であるビットコインとイーサリアムはそれぞれ5.7%と6%上昇しました。また、CoinMarketCapのデータによると、世界の仮想通貨市場規模は7日間で5.5%増加し、1.72兆ドルに達しました。
時価総額トップ10のトークンのうち、Solanaが週間で最も上昇し、現時点では7.7%上昇しています。
私たちのお気に入りの「Crypto Twitter」の投稿
あなたの仮想通貨の友達と一般の友達が「ゼロ知識」という言葉に異なる意味を見るときの気まずい瞬間。でも知らない場合は…こちらの定義をご覧ください。
画像クレジット:X(別ウィンドウで開く)
最新のポッドキャスト
今年はChain Reactionが仮想通貨のさまざまなトピックとテーマについて毎月取り組んでいます。まずはNFTに焦点を当てており、今月はそれに取り組んでいます。

今週のエピソードでは、NFTマーケットプレイスのOpenSeaのCEOであるDevin Finzer氏にインタビューしました。これはまた、初めてのフルビデオ録画であり、TechCrunchのYouTubeチャンネルで公開されています。ぜひご覧ください。
彼は2017年にOpenSeaを共同設立し、素早く有名なNFTマーケットプレイスの1つになりました。2年前には、シリーズCラウンドで3億ドルを調達し、13.3億ドルの事後評価額で、これまでに4億ドル以上の資本を調達しました。投資家にはAndreessen HorowitzやParadigmなどの企業、そしてさまざまなセレブリティも含まれています。
NFT市場の取引高が2021年末から2022年初めにかけて史上最高値から低下したにもかかわらず、OpenSeaはまだ前進し続けており、他のNFTマーケットプレイスが出現し、その支配力に挑戦しています。
Devinと私は、web3ゲームがNFTを統合することの重要性、Web 2.0企業が独自のデジタルコレクションを開始すること、そしてマーケットプレイスが直面する課題についても論じました。
また、以下のことにも深入りしています。

NFTの大きな活用例
会社の将来の使命
コミュニティメンバーの維持
シェア獲得と取引量の増加

さらに、他にも…

今週は、合計で25,000万ドルのシリーズAラウンドを率いたmobile payment app OobitのためにTetherがリードしたほか、いくつかの企業が資金調達を行いました。
このリストは、Messariの情報およびTechCrunchの独自の報道から編集されています。

私たちが書いている他の記事
web3の世界から広がりたいですか?TechCrunchで注目している記事をご紹介します。

なぜラテンアメリカのSaaSスタートアップは米国のライバルとは異なるのか
実際には、Spotifyにとってジョー・ローガンのポッドキャストが独占ではなくなったことは良いことです
Apple Vision Proのレビュー: 無限のデスクトップ
アダム・ノイマンはWeWorkを買い戻そうとしています
Kleiner Perkinsのマームン・ハミッド氏とイリヤ・フシュマン氏: 「80%以上」の提案がAIを含んでいます

TechCrunch Cryptoは以前のChain Reactionとして知られていましたが、最新のニュースやトピックに加えて、定期的なセグメントや特集も追加されました。今週のヘッドラインには、ディセントラル化されたソーシャルネットワークFarcasterの大衆採用、ビットコインスポットETFの価格上昇への影響、SECのHester Peirce氏によるトークンのセーフハーバープランの推進、a16zのChris Dixon氏によるブロックチェーンの用途に焦点を当てた考え、Blueskyの参加希望者向けのオープン化などがあります。また、仮想通貨市場の状況についても触れられており、ビットコインとイーサリアムの市場キャピタルは上昇傾向にあり、ソラナが上昇率最大となっています。さらに、NFTについての月次シリーズやOpenSeaのCEO Devin Finzer氏とのインタビュー、US SECの委員であるHester Peirce氏とのトークなども紹介されています。最後に、この記事ではグローバルな仮想通貨市場のキャピタルは5.5%増加し、いくつかの新興企業が資金調達を行っていることも紹介されています。

引用元記事はこちら
Farcaster hype grows, Bluesky opens to the public and SEC’s Hester Peirce is open to new token proposals