Image Credit:Apple ID Security Keys Feature Now Supports iCloud for Windows

Appleは最新のサポート文書で、Apple IDアカウントのセキュリティキーを設定している場合、Windows上のiCloudにサインインできるようになったことを確認しました。以前は、Apple IDセキュリティキー機能をオンにすると、Windows上のiCloudにはまったくサインインできませんでした。セキュリティキーは、iOS 16.3、iPadOS 16.3、macOS 13.2 で導入されたもので、オプションで設定をオンにすると、Apple IDへのサインインには、従来の6桁の認証コードではなく、アカウントのパスワードとFIDO認定のセキュリティキーが必要となります。セキュリティキーは、USBメモリと似たような形状をしています。Appleは、「フィッシングやソーシャルエンジニアリングの攻撃からの追加の保護が必要な人々のために設計されています。」と述べていますが、この機能をオンにする場合は十分に注意してください。信頼できるAppleデバイスとセキュリティキーをすべて失った場合、Apple IDアカウントに永久にアクセスできなくなる可能性があるためです。


Pexelsによる写真提供

Appleのサポート文書が更新され、Apple IDアカウントの物理的なセキュリティキーを利用して、Windows上のiCloudにサインインすることが可能になりました。ただし、アプリをバージョン15以上に更新する必要があります。以前は、Apple IDのセキュリティキー機能をオンにすると、Windows上のiCloudにサインインすることは一切できませんでした。
Apple IDのセキュリティキー機能は昨年初めに導入され、iOS 16.3、iPadOS 16.3、macOS 13.2で利用できるようになりました。このオプションをオンにすると、Apple IDにサインインする際にはアカウントのパスワードを入力し、FIDO認定のセキュリティキーを使用して二段階認証を完了する必要があります。これにより、通常の6桁の認証コードではなく、セキュリティキーが必要となります。このセキュリティキーはUSBメモリのような形状をしていることが一般的です。
Appleはこの機能を、「フィッシングやソーシャルエンジニアリング詐欺など、標的型攻撃からの追加の保護を望む人々のために設計されたもの」と説明しています。ただし、この機能をオンにする場合は注意が必要であり、信頼できるAppleデバイスとセキュリティキーをすべて失った場合、Apple IDアカウントに永久にアクセスできなくなる可能性があります。

引用元記事はこちら
Apple ID Security Keys Feature Now Supports iCloud for Windows