Image Credit:Apple’s Big AI Push Implied By Startup Acquisitions and Job Postings

最新の報道によると、Appleは次世代のiPhoneに搭載するために、AI技術に関連した企業の買収やスタッフの採用を行っているとされています。報告書によれば、Appleは「モバイルデバイス上でAIを実行するという技術的な課題に取り組んでいる」とのことです。そのため、AIパワードのビデオ圧縮技術を提供するCalifornia-based WaveOneなど、複数のAI関連スタートアップを買収しています。

モルガン・スタンレーの最新の調査ノートによると、AppleのAI関連の求人のほぼ半数では、「Deep learning」という言葉が使われており、それは生成型AIの技術に関連しています。これまでの報告書では、Appleが「Ajax」という大規模言語モデル(LLM)を2023年初頭からテストしているとされていますが、OpenAIのChatGPTのようなLLMとは異なり、Appleの主な目標は、クラウドサービスではなく、デバイス内で動作する生成型AIを開発することです。

その目標を達成するための課題は、LLMの最適化とサイズの削減、高性能なモバイルハードウェアや高速なAppleシリコンチップへの重い依存性などです。例えば、AI強化されたSiri体験を向上させるために、AppleはiPhone 16のマイクを大幅にアップグレードする予定です。

先月、AppleのAI研究者たちは、革新的なフラッシュメモリ利用技術を開発することで、iPhoneや他のAppleデバイスで大規模言語モデル(LLM)を展開する上で重要なブレークスルーを達成したと発表しました。

Appleは、6月のWorldwide Developers Conference(WWDC)で、生成型AIをベースにした一連のツールを発表する予定です。Morgan Stanleyのアナリストは、モバイルソフトウェアが生成型AIを可能にすることを期待し、その一部として音声アシスタントSiriがLLMによって動作すると予想しています。


Pexelsによる写真提供

報道によると、Appleは次世代のiPhoneにオンデバイスのAIを導入するために、人工知能関連の企業の買収やスタッフの採用を積極的に行ってきたとされています。特に「モバイルデバイスでのAIの実行に関する技術的問題に取り組む」という重点を置き、AIを活用した動画圧縮技術を提供するWaveOneというカリフォルニアの企業を買収したと報じられています。また、投資銀行のモルガン・スタンレーの調査ノートによると、AppleのAI関連の求人の約半数が「深層学習」という言葉を含んでおり、この言葉は生成型AIの基盤となるアルゴリズムを指します。
これまでの報道では、Appleが2023年早々から「Ajax」と呼ばれる大規模言語モデル(Large Language Model, LLM)のテストを実施しているとされていますが、OpenAIのChatGPTなどとは異なり、Appleの主な目標はデータセンターのクラウドサービスではなく、ローカルでデバイス内で動作する生成型AIの開発です。
この目標を達成するためには、LLMの最適化とサイズの削減、高性能モバイルハードウェアやより速いAppleのシリコンチップへの依存が必要です。例えば、新しいAI強化型のSiri体験を向上させるため、AppleはiPhone 16のマイクに大幅なアップグレードを計画していると報じられています。
また、先月、AppleのAI研究者は、制限されたメモリを持つiPhoneや他のAppleデバイスで大規模言語モデル(LLM)を展開するための革新的なフラッシュメモリの利用技術を開発したと発表しました。
Appleは6月のWorldwide Developers Conference(WWDC)で、生成型AIを活用したツールのシリーズを発表する予定であり、iOS 18のプレビューも行われるとのことです。モルガン・スタンレーのアナリストは、このモバイルソフトウェアは生成型AIの可能性を拡大し、声のアシスタントであるSiriをLLMでパワーアップすることが期待されています。

引用元記事はこちら
Apple’s Big AI Push Implied By Startup Acquisitions and Job Postings