Image Credit:These Third-Party Apps Are Optimized For Apple Vision Pro So Far

2月2日にApple Vision Proが発売される前に、開発者たちはミックスドリアリティヘッドセットに対応するためにアプリを準備しています。情報筋によれば、現時点で約250のvisionOSにネイティブ対応したアプリがAppleに提出されたとのことです。
visionOSにネイティブ対応することで、アプリは「空間的」なデザイン要素をフルに活用し、より没入型の機能を提供することができます。
Appleのアプリだけでなく、Airmail、Box、CARROT Weather、Fantastical、Facades、JigSpace、MUBI、Night Sky、OmniPlan 4、Parcel、PCalc、Red Bull TV、Sky Guide、Tides、Webex、Zoomなども、データを収集しているアプリ分析会社のAppfiguresによれば、発売時にはvisionOSにネイティブ対応します。
発売時にはExcel、PowerPoint、Word、Teamsなど、マイクロソフトもさまざまなネイティブ対応のvisionOSアプリを提供します。これに関しては、開発者のSteve Troughton-SmithさんがMastodonと@M1Astra on X/Twitterで共有したApp Storeのマーケティング画像に基づいています。その他の画像では、Crunchyroll、J.Crew、LEGO Builder’s Journey、Lowe’sなどのネイティブアプリが表示されています。
ネイティブアプリに加えて、iPhoneやiPadのアプリは、App Store Connectツールを使用して開発者がオプトアウトしない限り、Vision Proでも自動的に利用可能になります。その結果、Appleによれば、発売時には100万以上のアプリがヘッドセットで利用可能になります。
先週、AppleはVision Proで利用できるいくつかのエンターテイメントアプリを追加しました。追加されたアプリにはDisney+、ESPN、NBA、MLB、PGA Tour、Max、Discovery+、Amazon Prime Video、Paramount+、Peacock、Pluto TV、Tubi、Fubo、IMAX、TikTokなどがあります。これらのアプリの一部はネイティブ対応で、他のアプリはiPadのアプリに対応します。
Disney+は発売時にネイティブでVision Proに対応し、アプリでは「アバター:ザ・ウェイ・オブ・ウォーター」「アベンジャーズ:エンドゲーム」「スターウォーズ:フォースの覚醒」「エレメンタル」「エンカント」などの3D映画をヘッドセットで視聴できます。
ディズニーは先週のプレスリリースで、「発売時に視聴者は自分のスペースをディズニー+の4つの環境のいずれかに変えることができ、物語にもっと近づけることができます」と述べています。「各環境には、空間を生き生きと感じさせるアニメーションや音が含まれており、ファンを驚かせ喜ばせる映画やフランチャイズのイースターエッグもあります」。
Bloombergによると、Netflix、Spotify、YouTubeなどの人気のあるアプリは発売時にヴィジョンプロのアプリを提供しない予定ですが、ユーザーはSafariを使ってこれらのサービスにアクセスすることができます。また、Metaの所有するFacebook、Instagram、Threads、WhatsAppなどのアプリが発売時にヘッドセットで利用可能かどうかは不明です。
Vision Proの発売まで約2週間余りありますので、開発者はまだアプリを準備する時間があります。近々さらに多くのアプリが登場することに期待しましょう。


Pexelsによる写真提供

2月2日にApple Vision Proが発売される前に、開発者はミックスドリアリティヘッドセット向けにアプリの準備を進めています。これまでに、visionOSにネイティブサポートを提供する約250のアプリがAppleに提出されたとの情報があります。
visionOSをネイティブにサポートすることで、アプリは「空間的な」デザイン要素を最大限に活用し、より没入型の機能を提供することができます。
Appleの一部のアプリに加えて、AirmailやBox、CARROT Weather、Fantastical、Facades、JigSpace、MUBI、Night Sky、OmniPlan 4、Parcel、PCalc、Red Bull TV、Sky Guide、Tides、Webex、Zoomなど、よく知られたサードパーティのアプリもネイティブにvisionOSをサポートします。
Microsoftも、ExcelやPowerPoint、Word、Teamsなど、さまざまなネイティブのvisionOSアプリを提供する予定です。また、Crunchyroll、J.Crew、LEGO Builder’s Journey、Lowe’sなどのアプリもネイティブで提供されることが分かりました。
ネイティブのアプリに加えて、iPhoneやiPadのアプリはApp Store Connectツールを使用して開発者がオプトアウトしない限り、自動的にVision Proで利用可能になります。その結果、Appleによれば、発売時には100万以上のアプリがヘッドセットで利用可能となるとのことです。
Appleは先週、Vision Proで利用可能な追加のエンターテイメントアプリをリストアップしました。その中にはDisney+、ESPN、NBA、MLB、PGA Tour、Max、Discovery+、Amazon Prime Video、Paramount+、Peacock、Pluto TV、Tubi、Fubo、IMAX、TikTokなどがあります。これらのアプリの一部はネイティブで、他のアプリは互換性のあるiPadアプリとして提供されます。
Disney+は発売時にVision Proをネイティブにサポートし、アプリではAvatar: The Way of Water、Avengers: Endgame、Star Wars: The Force Awakens、Elemental、Encantoなどの3D映画をヘッドセットで視聴できます。
「発売時に、視聴者は自分のスペースをDisney+の4つの環境の1つに変えることができ、物語により近づけるでしょう」とDisneyは先週のプレスリリースで述べています。「それぞれの環境には、スペースを生き生きと感じさせるアニメーションやサウンド、そして映画やフランチャイズからのイースターエッグが含まれており、ファンを驚かせて喜ばせるでしょう」。
Bloombergによれば、Netflix、Spotify、YouTubeなど、一部の人気のあるアプリは発売時にはどのような形態のVision Proアプリも提供しないとのことですが、これらのサービスはSafariを介して利用することができます。また、Metaが所有するFacebook、Instagram、Threads、WhatsAppなどのアプリが発売時にヘッドセットで利用可能かどうかは明確ではありません。
Vision Proの発売まで約2週間の時間が残っており、開発者は引き続きアプリの準備を行っているため、今後さらに多くのアプリが提供されることが期待されます。

引用元記事はこちら
These Third-Party Apps Are Optimized For Apple Vision Pro So Far