Image Credit:Masimo CEO: Apple Watch Blood Oxygen Sensor is Not Reliable, Customers Are ‘Better Off Without It’

Appleは、血中酸素センサーを使用しないApple Watch Series 9とUltra 2モデルの販売を始めました。MasimoのCEO、Joe Kiani氏はBloombergに対し、Appleとの和解についての話し合いは行われていないと確認しました。Kiani氏によれば、彼はAppleと「個人的に」話す機会はなく、Apple側からの合意についての連絡もないと述べています。彼は、秘密保持命令による調停が行われ、将来的にもさらなる会議が開かれる可能性があるが、その会議が法的紛争解決のステップになるとは思わないと述べています。

Kiani氏は、以前にMasimoはAppleとの和解に対して開放的で、Cupertinoの会社が「製品を改善する」のを手助けする意思があると述べましたが、和解交渉の一環として謝罪と「誠実な対話」を求めると述べました。

Appleの血中酸素センサーはFDAの承認を受けていませんが、MasimoのW1ウォッチは承認を受けています。Masimoのデバイスは、連続的なリアルタイムの酸素飽和度と脈拍を監視し、病院やクリニック、家庭で医療機器として使用することができます。Kiani氏は、脈拍酸素計は「連続的なモニターでなければ役に立たない」と述べています。

AppleはMasimoに対してApple Watchの模倣と複数のApple特許侵害を訴えています。Appleは、MasimoがApple Watchを市場から排除し、W1ウォッチにスペースを確保するために訴訟を利用していると主張しています。Kiani氏は、Appleの物語は「虚偽」であり、Appleは「偽りの現実」に生きていると述べています。

アメリカの国際貿易委員会(ITC)は、昨年10月にApple Watchの血中酸素センサーがMasimoの特許を侵害していると判断し、輸入禁止命令を出しました。Appleは一時的にApple Watchの販売を停止することを余儀なくされましたが、控訴審中に輸入禁止命令が一時停止されるかどうかを連邦控訴裁判所が検討する間、販売を再開しました。

裁判所は昨日、Appleの控訴が検討される間、輸入禁止命令は一時停止されないと決定し、本日から、Appleは機能する血中酸素センサーを搭載したApple Watch Series 9とUltra 2モデルをアメリカ国内で販売することができません。

販売を停止せずに済ませるため、Appleはパルスオキシメトリの機能を持たない変更されたUltra 2とSeries 9モデルを販売することを選択し、これらのApple Watchは内部に血中酸素センサーを備えていますが、無効化されています。

将来的にAppleがMasimoと合意に至るか、ITCの判決が覆される場合、無効化されたセンサーをソフトウェアの更新で元に戻すことができるはずです。輸入禁止命令前に販売されたApple Watch Series 9とUltra 2モデルには引き続き血中酸素センシング技術が提供され、またアメリカ国外で販売されるApple Watchも同様です。

輸入禁止命令はアメリカ国内のみに適用され、Appleは他の国では通常通りApple Watchを販売することができます。


Pexelsによる写真提供

アップルはApple Watch Series 9とUltra 2モデルを、血中酸素濃度センサーが有効になっていない状態で販売を開始しました。MasimoのCEOであるJoe Kiani氏は、ブルームバーグに対して、アップルとの可能な和解についての話し合いは行われていないと確認しました。

Kiani氏によれば、アップルの誰とも「個人的に」話し合ったことはなく、またアップルの側から和解についての話し合いの打診もありません。裁判所の命令による媒体が行われたが、具体的な内容は話せないと語っており、将来的にもさらなる会議が行われる可能性があるものの、それらが法的紛争の解決への手続きとなるとは思っていないと述べています。

去年12月には、Kiani氏がMasimoはアップルとの和解に開かれており、アップルの製品の改善に協力する意思があると発言していました。ただし、彼は謝罪と「誠実な対話」が和解の一環となることを望んでいると述べています。

アップルの血中酸素濃度センサーはFDAの承認を受けていませんが、MasimoのW1ウォッチは受けています。Masimoの装置は、連続的なリアルタイムの酸素飽和度と脈拍のモニタリングが可能であり、病院やクリニック、家庭で医療機器として使用されています。Kiani氏は、脈拍酸素飽和度計は「連続的なモニターでなければ意味がない」と述べています。

アップルはMasimoがApple Watchを模倣し、アップルの特許を侵害していると主張しています。アップルはMasimoがアップルウォッチを市場から排除し、W1ウォッチにスペースを確保するために訴訟を利用していると述べています。Kiani氏は、アップルの説明は「誤ったもの」であり、アップルが「偽りの現実」に生きていると主張しています。

アメリカ国際貿易委員会(ITC)は、昨年10月にアップルがApple Watchの血中酸素濃度センサーに関してMasimoの特許を侵害したと裁定し、12月にその部品の輸入禁止を課しました。アップルは一時的にApple Watchの販売を停止することを余儀なくされましたが、控訴審を検討する連邦巡回区控訴裁判所は輸入禁止の一時停止を決定するまでの間に販売を再開しました。

昨日、裁判所はアップルの控訴が審理される間、輸入禁止を一時停止しないとの判断を下し、本日からアメリカ国内での販売が禁止されています。アップルは販売停止を回避するために、パルスオキシメトリーの機能を含まない改造版のApple Watch Ultra 2およびApple Watch Series 9モデルを販売することを選択しました。これらのApple Watchには血中酸素センサーは内蔵されていますが、無効化されています。

将来的にアップルがMasimoと合意に達するか、ITCの裁定が覆される場合、無効化されたセンサーをソフトウェアのアップデートで元の機能に戻すことができるはずです。輸入禁止前に販売されたApple Watch Series 9およびUltra 2モデルには引き続き血中酸素濃度センサーが搭載されており、また、アメリカ国外で販売されたApple Watchも同様です。

輸入禁止はアメリカ国内にのみ適用され、アップルは他の国では通常通りApple Watchを販売することができます。

引用元記事はこちら
Masimo CEO: Apple Watch Blood Oxygen Sensor is Not Reliable, Customers Are ‘Better Off Without It’