Apple Watchシリーズ9とApple Watch Ultra 2、米国で1月18日以降、血中酸素機能なしで販売開始予定。米国Apple公式オンラインストアでは、明日の太平洋標準時午前6時からこの変更が実施されます。 この報道によると、これらのApple Watchモデルは、血中酸素アプリが引き続き搭載されますが、ユーザーがアプリを開くと、「このアプリは利用できません」という警告が表示され、iPhoneのヘルスアプリに誘導されます。Appleは、ウェブサイトに公開されるサポートドキュメントで詳細を提供する予定です。 Appleは、販売済みのシリーズ9およびUltra 2モデルでは血中酸素アプリが引き続き使用可能となることを確認しています。この機能は、米国外で販売されるApple Watchモデルでも利用可能であり、国際的な販売禁止対象外となります。 米国国際貿易委員会(ITC)は昨年、Masimoの血中酸素センシング特許に違反したとして、Apple Watchモデルの輸入および販売禁止を命じました。この機能は2020年のシリーズ6モデルで初めて導入されました。Masimoは、Appleが営業秘密を盗み、従業員を引き抜いたと非難しています。 販売禁止は先月始まりましたが、Appleは間欠保留を受け取り、すぐに一時停止されました。しかし、より長期的な保留を求めるAppleの申し立ては却下され、明日の太平洋標準時午後2時から禁止が再開される予定です。Appleは声明で、血中酸素感知機能を無効化したことにより、米国モデルの販売禁止に準拠し、顧客がApple Watchを利用する上での支障を最小限に抑えることを述べています。 Appleの控訴は継続中です。同社はITCの決定に強く異議を唱えており、米連邦控訴裁判所がこれを覆すべきだと考えています。より長期的な解決策として、AppleはMasimoの特許技術に対処するために血中酸素アプリのアルゴリズムの変更を試みていますが、それがいつ準備されるか、それによってAppleが特許侵害を回避できるかどうかは不明です。

1月 18, 2024

Image Credit:Apple to Sell Series 9 and Ultra 2 Watches Without Blood Oxygen Feature in U.S. Starting Tomorrow

Appleは、Apple Watch Series 9およびApple Watch Ultra 2モデルの血中酸素機能を米国で提供しないことを決定しました。これにより、これらのモデルの販売差し止め命令を回避することができます。米国のAppleのオンラインストアでは、明日の午前6時(太平洋時間)からこの変更が行われます。
報告によれば、これらのApple Watchモデルには引き続き血中酸素アプリが搭載されていますが、ユーザーが開くとアプリが利用できない旨のアラートが表示され、iPhoneのHealthアプリに案内されます。Appleは、ウェブサイトに掲載予定のサポートドキュメントで詳細を共有する予定です。
Appleは、以前に販売されたSeries 9およびUltra 2モデルでも血中酸素アプリが引き続き利用可能であることを確認しています。米国以外で販売されるApple Watchモデルでも、国際的な販売差し止め命令は適用されないため、この機能は利用できます。
昨年、米国国際貿易委員会(ITC)は、Masimoの脈拍酸素計の特許をAppleが侵害したとして、血中酸素センシング機能を搭載したApple Watchモデルの輸入および販売差し止め命令を下しました。この機能は、2020年に導入されたSeries 6モデルで初めて登場しました。Masimoは、Appleが営業秘密を窃取し、従業員を引き抜いたと非難しています。
販売差し止め命令は先月開始されましたが、Appleは一時的な停止を受けました。しかし、長期的な停止は認められず、明日の午後2時(太平洋時間)から命令が再開される予定です。Appleは声明の中で、血中酸素センシング機能を新たな米国モデルでは無効化したことにより、命令に従い、顧客がApple Watchに制約なくアクセスできるようにしたと述べています。
Appleの上訴は継続中です。同社は、ITCの決定に強く異議を唱えており、米国連邦巡回控訴裁判所がその決定を覆すべきだと考えています。長期的な解決策として、AppleはMasimoの特許技術に違反しないようにするため、血中酸素アプリのアルゴリズムの変更に取り組んでいると報じられています。これらの変更がいつ準備されるのか、また特許侵害を回避するには十分なのかはまだ不明です。


Pexelsによる写真提供

Apple Watch Series 9とApple Watch Ultra 2モデルは、米国では1月18日から、血中酸素濃度測定機能を搭載せずに販売される予定です。これにより、これらのモデルに対する販売禁止措置を回避することができます。米国のオンラインストアでは、明日の太平洋標準時午前6時からこの変更が行われます。

報告によれば、これらのApple Watchモデルには血中酸素濃度測定アプリが引き続き搭載される予定ですが、ユーザーが開くと、「このアプリはもう利用できません」というアラートが表示され、iPhoneの健康アプリに誘導されるとのことです。Appleは、ウェブサイトに公開されるサポート文書で詳細を共有する予定です。

Appleは、以前に販売されたSeries 9およびUltra 2モデルでは血中酸素濃度測定機能が引き続き利用可能であることを確認しています。この機能は、国外で販売されたApple Watchモデルでも利用可能であり、販売禁止措置の対象外です。

米国国際貿易委員会(ITC)は昨年、Apple Watchの血中酸素濃度測定機能をMasimoの光脈拍酸素濃度測定特許に違反したと判断し、その機能搭載モデルの輸入および販売禁止を命じました。Masimoは、Appleが技術の商業秘密を盗み、従業員を引き抜いたと非難しています。

販売禁止措置は先月から始まりましたが、Appleは仮処分命令を受け、すぐに一時停止されました。しかし、長期的な仮処分命令は認められず、明日の太平洋標準時午後2時から禁止措置が再開される予定です。Appleは声明で、米国における販売規制命令に適合し、顧客が影響を受けることなくApple Watchにアクセスできるようにするために、新しい米国モデルで血中酸素濃度測定機能を無効化したと述べています。

Appleの提訴は継続中です。AppleはITCの決定に強く異議を唱えており、連邦巡回区控訴裁判所がその決定を覆すべきだと考えています。より長期的な解決策として、AppleはMasimoの特許技術への侵害を回避するために、血中酸素濃度測定アプリのアルゴリズムに変更を加えていると報じられています。その変更がいつ完了するか、またそれが特許侵害を回避するのに十分なものかは不明です。

引用元記事はこちら
Apple to Sell Series 9 and Ultra 2 Watches Without Blood Oxygen Feature in U.S. Starting Tomorrow