Image Credit:Apple Ships More Smartphones Annually Than Samsung for First Time

2023年、マーケットリサーチ会社IDCの仮データによると、アップルがグローバルスマートフォンメーカーのトップに立ったとされます。このデータが正しいなら、13年ぶりにサムスンが他社にトップの座を明け渡すことになります。2013年にはノキアが1位で、サムスンが2位、アップルはトップ5にも入っていませんでした。
IDCは、年間を通じたグローバルスマートフォン出荷の市場シェアに基づいて分析を行っています。レポートによると、アップルは20.1%の市場シェアを占め、サムスンは19.4%を占めました。
アップルは、年間の出荷台数が226.3百万台から234.6百万台に増加し、トップ3の中で唯一前年比で出荷台数が増えた企業でもあります。

IDCのWorldwide Trackerチームの研究ディレクターであるナビラ・ポパル氏は、「2023年の後半には、トランションやシャオミなどの低価格のAndroidプレーヤーが新興市場で急成長しましたが、最大の勝者は明らかにアップルです。年間で唯一前年比で成長を達成しただけでなく、初めて年間1位になっています。これは、最大の市場である中国での規制の増加やファーウェイからの新たな競争にも直面しながらのことです」と述べています。
サムスンの順位の低下は、アップルのiPhone 14シリーズの強力な販売とiPhone 15シリーズのデビューの一部によるものとされていますが、Android市場の多様化も要因とされています。その他の影響要素には、中国でのファーウェイの復活や、ワンプラス、オナー、Googleなどのブランドが高級市場の低価格帯で競争力のあるデバイスを発売することも挙げられます。
全体として、2023年にはスマートフォン市場が3.2%減少し、17億台を出荷しました。これは、主に大型経済的課題と年初の在庫過剰が原因です。しかし、2023年後半の成長スパートは、今年市場が回復する可能性を示しており、折りたたみ式デバイスやAI機能への関心の高まりも広がっていると言われています。
タグ:IDC


Pexelsによる写真提供

2023年、市場調査会社IDCの暫定データによると、AppleがSamsungを抜いて世界トップのスマートフォンメーカーになったと発表されました。もしデータが正しければ、Samsungが13年ぶりに他の企業に首位を明け渡すことになります。2013年には、Nokiaが1位、Samsungが2位で、Appleはトップ5にも入っていませんでした。

IDCは、年間のグローバルスマートフォンの出荷シェアを基に分析を行っています。この報告によると、Appleはシェアの20.1%を占め、Samsungは19.4%のシェアでした。また、Appleは上期2億2630万台から下期2億3460万台に出荷台数を増やし、上期比で成長を達成したトップ3の企業となりました。

IDCのWorldwide Trackerチームの研究ディレクター、ナビラ・ポパル氏は「2023年下半期には、TranssionやXiaomiなどのローエンドAndroidメーカーが新興市場で急成長しましたが、最も成功したのは明らかにAppleです。Top3の中で年間成長率が唯一プラスで、また初めて年間1位の座を獲得しました。これにもかかわらず、最大市場である中国での規制の増加やHuaweiからの再競争などの課題にも直面しています」とコメントしています。

Samsungの順位が下がった要因は、AppleのiPhone 14モデルの強力な販売やiPhone 15シリーズの登場だけでなく、Android市場の多様化も影響していると解釈されています。中国でのHuaweiの復活や、OnePlusやHonor、Googleなどのブランドが高級市場の低価格帯で競合製品を投入したことも影響しています。

全体的には、スマートフォン市場は経済の課題や年初の在庫の増加などにより3.2%減少し、年間で11.7億台が出荷されました。しかし、2023年後半に成長が加速し、折りたたみデバイスやAI機能への関心の高まりもあって、市場は今年回復する可能性があるとされています。

引用元記事はこちら
Apple Ships More Smartphones Annually Than Samsung for First Time