Image Credit:Apple Buys DarwinAI Ahead of Major Generative AI Updates Coming in iOS 18

今年、Appleがカナダ拠点の企業を買収しました。DarwinAIは製造過程における部品の検査用のAI技術を開発しており、より小さく効率的なAIシステムに焦点を当てていました。買収後、DarwinAIのウェブサイトやSNSアカウントは非公開になり、多くの元DarwinAI社員がAppleのAI部門に加わりました。Appleは買収を確認し、目的や計画については通常コメントを控えます。

AppleはMicrosoftやGoogleなど他社に追いつくため、次世代iOS 18やmacOS 15向けにAI機能の開発に取り組んでいます。AppleはマイクロソフトのBingやOpenAIのChatGPTなどと競合するため、様々な製品に生成AIを統合する必要があります。プライバシーの観点から、AppleはAI機能を端末内で実行したいと考えており、DarwinAIが努力してきた小さなAIシステムの開発はこの取り組みに役立つでしょう。

AppleのCEOティム・クックは、2024年に生成AI分野で「新たな可能性を切り拓く」と約束しています。Cookは「これはユーザーにとって変革的な機会を提供すると信じています」と述べています。AppleはAI機能を様々な製品に導入し、Siri、ショートカット、メッセージ、Apple MusicなどにAI機能を提供することを目指しています。


Pexelsによる写真提供

この記事によると、Appleは今年、カナダに本社を置く企業DarwinAIを買収し、AIチームを強化したそうです。DarwinAIは製造プロセス中の部品検査のためのAI技術を開発しており、小型で効率的なAIシステムの構築に重点を置いていました。AppleはDarwinAIの元社員らをAI部門に受け入れ、AI研究者Alexander WongもAppleのAIグループでディレクターに就いたと報じられています。Appleは買収を確認し、「Appleは時折小規模のテクノロジー企業を買収するが、目的や計画については議論しない」と述べています。

Appleは、MicrosoftやGoogleなど他社に遅れをとらないよう、次世代のiOS 18やmacOS 15向けに人工知能機能を開発しているそうです。特に、MicrosoftのBingやOpenAIのChatGPTなどの生成AIと競合するために、製品群に生成AIを統合する必要があるとされています。Appleは大規模な言語モデルのテストを行っており、Siri、Shortcuts、Messages、Apple MusicなどにAI機能が追加される予定と言われています。Appleはプライバシー理由からAI機能をデバイス内で稼働させることを目指しており、DarwinAIの小型AIシステムの開発がその取り組みをさらに進展させるのに役立つかもしれません。

AppleのCEOティム・クックは、2024年に生成AI分野で「新たな地平を切り拓く」と約束し、「それがユーザーに革新的なチャンスを提供すると信じている」と述べています。

引用元記事はこちら
Apple Buys DarwinAI Ahead of Major Generative AI Updates Coming in iOS 18