Image Credit:Apple Relocating Siri Evaluation Team in San Diego to Austin

複数の関係者によると、Appleは今年後半にSiriの改善に取り組む約120人のチームをサンディエゴからオースティンに移転させる予定です。この再編成は、AppleがMacRumorsと共有した声明で確認されました。
Appleの広報担当者は、「米国のデータオペレーション注釈チームを、すでに主要なチームの多くがオースティンにいる場所に集めることになりました」と述べ、「現在の従業員は、役割をオースティンで継続する機会を持つことになります。私たちはサンディエゴに深い関心を持っており、大幅に成長しているところであり、世界クラスのエンジニアリングチームを拡大するために引き続き採用しています」と述べました。
このニュースは、最初にBloombergのMark Gurmanが報告し、サンディエゴにいる従業員が6月までにオースティンに移転する意思があれば、役割を続けることができると述べました。報告には他にも具体的な詳細が記載されています。
Google、Microsoft、Amazonなど他の大手テック企業は過去1年で数千人の従業員を解雇してきましたが、Appleはこれまでこれを回避してきました。ただし、オースティンまで1000マイル以上離れているため、サンディエゴの全ての関係者が移動する意思を持っているわけではありませんので、一部の人々は解雇の対象になる可能性があります。
「データオペレーション注釈」の従業員は、Siriの応答を評価する主な任務を担っており、Siriグレーディングプログラムに参加している顧客からのクエリに対応しています。米国では今後、この作業は完全にオースティンで行われます。Appleは中国、アイルランド、シンガポール、スペインなど、世界各国に同様のチームを持っています。
昨年の会社の報告によると、Appleの正規従業員数は2020年9月30日時点で約16万1千人でした。


Pexelsによる写真提供

複数の関係者によると、Appleは今年後半に、Siriの改善に取り組む約120人のチームをサンディエゴからオースティンへと移転する予定です。Appleは本日、MacRumorsと共有した声明でこの再編成を確認しました。「我々は、データオペレーションの注釈チームを、米国でオースティンのキャンパスに集約します。チームの大部分は既にオースティンに在籍しています」とAppleの広報担当者は述べています。「雇用中の皆さんにはオースティンでの役割を継続する機会が与えられます。私たちはサンディエゴに深いコミットメントを持っており、世界クラスのエンジニアリングチームを拡大するために採用を続けています」とも述べています。
このニュースは、最初にBloombergのMark Gurmanが報じ、サンディエゴの従業員が6月までにオースティンに移住する意志があれば、役職を継続することができると述べています。報道によれば、移住しないかApple内で別の役割を見つけられない従業員には退職手当が支給されるとされています。彼の報告書には他にも多くの具体的な詳細が記載されています。
大手のGoogle、Microsoft、Amazonなどの他の技術企業は昨年、数千人の従業員を解雇していますが、Appleはこれまでそのような結果を避けてきました。ただし、サンディエゴの全ての関係者がオースティンまで数千マイル移住する意志を持っているわけではないため、一部の従業員は解雇の可能性があります。
「データオペレーションの注釈」の従業員は、Siriのクエリーに対する応答を評価する役割を主に担当しています。この業務は今後、米国では完全にオースティンで行われることになります。Appleは中国、アイルランド、シンガポール、スペインなど、世界各国に同様のチームを持っています。
Appleは、昨年の企業の報告書によると、2020年9月30日時点で約16万1,000人の正社員を抱えていました。

引用元記事はこちら
Apple Relocating Siri Evaluation Team in San Diego to Austin