Image Credit:Apple Seeds Third Betas of iOS 17.3 and iPadOS 17.3 to Developers

本日、Appleは開発者向けに、iOS 17.3とiPadOS 17.3のアップデートの第3ベータ版をリリースしました。先週には最初のベータ版がリリースされたばかりです。登録した開発者は、設定アプリを開き、ソフトウェアアップデートセクションに移動し、「ベータアップデート」オプションをタップし、iOS 17またはiPadOS 17のデベロッパーベータをオンにすることでベータ版を利用できます。また、デベロッパーアカウントに関連付けられたApple IDが必要です。

iOS 17.3には、盗難デバイス保護機能が導入されています。この機能を有効にすると、あなたのiPhoneとパスコードの両方を入手した人があなたの個人情報にアクセスできるのを制限します。有効にすると、iCloudキーチェーンでパスワードにアクセスしたり、紛失モードをオフにしたり、Safariで保存された支払い情報で購入するなど、さまざまな操作にFace IDまたはTouch IDの本人確認が必要になります。

さらに、Apple Musicのコラボレーションプレイリストの機能も追加されました。これにより、Apple Musicのサブスクリプションユーザーはプレイリストを他の人と共有して共有した曲のリストを作成することができます。コラボレーションプレイリストは使いやすく、リンクで共有でき、絵文字の反応にも対応しています。

先週、iOS 17.3とiPadOS 17.3の第2ベータ版がデバイスを永久的な起動ループに陥らせる問題が生じたため、Appleは第2ベータ版を取り下げました。第3ベータ版では問題が修正されていると思われます。

AppleはiOS 17.3を1月中に正式リリースする予定です。


Pexelsによる写真提供

本日、Appleは開発者向けに、iOS 17.3とiPadOS 17.3のアップデートの第3ベータ版を提供しました。このアップデートは、最初のベータ版がリリースされてから1週間後に利用可能になります。登録済みの開発者は、設定アプリを開き、ソフトウェアアップデートセクションに移動し、「ベータ版アップデート」オプションをタップしてiOS 17またはiPadOS 17 デベロッパーベータをオンにすることでベータ版に参加できます。 ベータ版をダウンロードしてインストールするには、Apple IDを開発者アカウントに関連付ける必要があります。
iOS 17.3では、盗難防止機能が導入されます。この機能をオンにすると、あなたのiPhoneとパスコードの両方を入手した場合でも、個人情報へのアクセスを制限します。この機能を有効にすると、iCloudキーチェーンのパスワードへのアクセス、紛失モードの解除、Safariでの保存された支払い情報を使用した購入などには、Face IDまたはTouch IDの本人確認が必要になります。
また、確認と1時間の遅延が必要な機能もあります。例えば、Apple IDのパスコードの変更、iPhoneのパスコードの変更、Find Myの解除、Face IDの解除などです。詳細は、盗難防止機能の記事で確認できます。
このアップデートでは、共有のApple Musicプレイリストの追加もあります。この機能を使うと、Apple Musicのサブスクリプション会員は他の人とプレイリストを共有し、共有の曲リストを作成することができます。共有プレイリストは使いやすく、リンクで共有することができ、絵文字のリアクションもサポートされています。
先週、AppleはiOS 17.3とiPadOS 17.3の第2ベータ版を取り下げました。その後、デバイスが永遠に再起動する問題を引き起こしたためです。Appleは第2ベータ版を再リリースしませんでしたが、おそらくこの問題は第3ベータ版で修正されていると考えられます。
AppleはiOS 17.3を1月下旬にリリースする予定です。

引用元記事はこちら
Apple Seeds Third Betas of iOS 17.3 and iPadOS 17.3 to Developers