Image Credit:iPhone Sizes to Change Next Year: What to Know

2024年のiPhone 16シリーズで、AppleはiPhoneの画面サイズを大幅に変更する予定です。iPhone 16 Proモデルのディスプレイサイズは、現行のiPhone 15 Proモデルよりも大きくなります。具体的には、iPhone 16 Proは約6.3インチ(159.31 mm)、iPhone 16 Pro Maxは約6.9インチ(174.06 mm)のディスプレイを搭載します。この大型化により、iPhoneの本体サイズも若干大きくなります。さらに、内部のスペースが広がることで、バッテリー容量が増加したり、ディスプレイの品質が向上する可能性があります。また、iPhone 16とiPhone 16 Plusは、サイズの変更は予想されていませんが、2025年に登場するiPhone 17とiPhone 17 Plusでは、より大きなディスプレイサイズが採用される予定です。過去のiPhoneモデルでは、一度に複数のサイズ変更が行われたこともありますが、今回のサイズ変更によって、使い勝手や視聴体験が向上することが期待されます。


Pexelsによる写真提供

2024年のiPhone 16シリーズでは、iPhone 15 Proモデルと比べて、iPhone 16 ProおよびiPhone 16 Pro Maxのディスプレイサイズが大きくなる予定です。それぞれ約6.3インチと6.9インチになります。ディスプレイサイズの増加に伴い、本体の寸法も若干大きくなります。また、新しいディスプレイ技術の導入により、次世代のiPhoneでは明るさが増し、消費電力が低減される可能性があります。なお、iPhone 16とiPhone 16 Plusにはサイズ変更はなく、iPhone 15と同じサイズが維持されます。これらの情報はまだ噂の段階ですので、正式な発表を待つ必要があります。

引用元記事はこちら
iPhone Sizes to Change Next Year: What to Know