Image Credit:iPhone 16 Pro CAD Renders Reveal Button Design Changes

本日、91Mobilesが公開した新しいCADレンダリングによると、iPhone 16 Proのデザインが示されました。iPhone 15 Proに似たデザインで、一部のボタンに変更が加えられています。アクションボタンが少し長くなり、音量ボタンの1つと似た長さになりましたが、幅が広くなっています。全く新しい「キャプチャ」ボタンが現れ、デバイスの左側に位置し、完全に平らになっています。これにより、端末のデザインが同サイトの予想と一致することが広く確認されました。

iPhone 16 ProとiPhone 16 Pro Maxのデザインの主な変更点は、ディスプレイが大型化することです。ディスプレイはそれぞれ6.1から6.3インチ、6.7から6.9インチに拡大されると噂されています。昨年のiPhone 15 Proのチタンフレームへの切り替えやより角丸のデザイン変更に続き、今年の新しいデバイスの見た目にはそれ以外の大きな変化が期待されていません。iPhone 16ラインナップは秋に発売予定です。


Pexelsによる写真提供

今回、91Mobilesがシェアした新しいCADレンダリングでは、iPhone 16 Proのデザインが紹介されました。このデザインはiPhone 15 Proに似ており、いくつかのボタンに関するわずかな変更があります。アクションボタンがやや長くなり、ボリュームボタンの1つと似た長さになり、わずかに幅広い形状に変更されました。全く新しい”Capture”ボタンが左側にあり、従来のモデルのmmWaveアンテナがあった場所に配置されています。このボタンはサイドボタンと同じ長さですが、デバイスと完全にフラッシュになっています。iPhone 16 ProとiPhone 16 Pro Maxの主な変更点は、それぞれ6.3インチと6.9インチに拡大されると噂されるディスプレイのサイズです。昨年のiPhone 15 Proでの大幅なリデザインに続き、今年の新しいデバイスの外観にはあまり変更がないと予想されています。iPhone 16シリーズは秋に発売される予定です。

引用元記事はこちら
iPhone 16 Pro CAD Renders Reveal Button Design Changes