Image Credit:Apple’s Potential Partners for iOS 18 Generative AI Features Include Google, OpenAI, and Baidu

りんごは、中国の企業とAIモデルを使ってiPhoneの特定のAI機能を強化する可能性を検討しています。中国では現地の認可が求められるため、中国国内向けのAI機能には中国企業が協力し、米国など他の国ではGoogleやOpenAIがパートナーとして関わることが考えられます。りんごはiOS 18で新しいAI機能を投入する予定で、iPhoneのさまざまな機能およびアプリにそれらが組み込まれるとされています。また、AI機能にはiPhone 16に搭載されるより多くのコアを持つNeural Engineが関連しており、iOS 18の一部機能がiPhone 16に特化する可能性もあります。iOS 18は6月に行われる開発者向けのカンファレンスでプレビューされる予定です。


Pexelsによる写真提供

アップルが中国の企業バイドゥと話し合いを行っているとの報道があります。これによれば、アップルは、バイドゥの生成AIモデルを利用して、iPhoneの生成AI機能を強化する可能性があります。また、GoogleやChatGPTの開発元であるOpenAIとも同様の話し合いがあったとされています。

もしパートナーシップが実現すれば、中国ではバイドゥが生成AI機能を担当し、米国や他の国々ではGoogleやOpenAIが提携する可能性があります。中国では生成AIモデルは現地の規制当局の承認を受ける必要があり、バイドゥのErnieチャットボットが承認を受けていますが、GoogleのGeminiやOpenAIのChatGPTチャットボットは利用できません。

アップルは繰り返し、今年後半に生成AI関連の発表があることを示唆しており、それはおそらくiOS 18に関連するものでしょう。このアップデートには、Siri、Spotlight、Apple Music、Health、Messages、Numbers、Pages、Keynote、ShortcutsなどのiPhoneアプリに新しい生成AI機能が含まれると噂されています。iPhone 16モデルでは、Neural Engineがアップグレードされ、より多くのコアを搭載するといわれており、iOS 18の生成AI機能の一部がこれらのモデルにのみ提供される可能性があります。iOS 18は6月に開催されるWWDCでプレビューが公開される予定です。

引用元記事はこちら
Apple’s Potential Partners for iOS 18 Generative AI Features Include Google, OpenAI, and Baidu