Image Credit:Apple Responds to Being Sued by U.S. Department of Justice

アメリカの司法省がAppleに対して独占禁止法違反の訴訟を提起しました。この訴訟は、iPhoneやそのエコシステムがスマートフォン市場で違法な独占を行っているとしています。Appleは、この訴訟が事実と法に反すると主張し、堅く反論する意向を示しました。同社は、技術を愛用する人々のために革新し続け、製品をデザインし、プライバシーとセキュリティを保護し、ユーザーに魔法のような体験を提供しています。この訴訟は、Apple製品を他社と差別化する原則や同社の存在そのものを脅かすものとなっています。また、成功すれば、Appleが提供する技術を制約し、政府が技術の設計に介入する危険な前例を作ることにつながると警告しています。Appleは、この訴訟には事実と法に反するものであり、堅く反論すると強く主張しています。
今日、アメリカ合衆国司法省は、iPhoneとそのエコシステムを持つAppleがスマートフォン市場で違法な独占をしているとして、反トラスト訴訟を提起しました。Appleは、自社はこと実態も法律面でも間違っているとし、この訴訟に”猛然と立ち向かう”と表明しました。訴訟に対して強く反発する理由として、Appleは技術を日々革新し、シームレスに連動する製品を設計し、人々のプライバシーやセキュリティを守り、ユーザーに魔法のような体験を提供していると主張しています。この訴訟が成功すれば、Appleが提供する技術を制限する可能性があり、ハードウェア、ソフトウェア、サービスが交差するAppleの期待される技術を生み出す能力を損ねる恐れがあります。政府の介入が強まり、技術の設計に大きく影響を与える危険な前例を作る可能性があると指摘しています。

引用元記事はこちら
Apple Responds to Being Sued by U.S. Department of Justice