Image Credit:Blockchain tech could be the answer to uncovering deepfakes and validating content

フォックス社が2か月前、Ethereumに焦点を当てたブロックチェーンを提供するPolygon Labsと提携しました。彼らは”Verify”というプロトコルを立ち上げ、IPを保護しつつ、消費者がコンテンツの信頼性を検証できるようにしました。これにより、政府の規制委員会や出版社などが、これを「今日の問題」に対する実用的な解決策と見なしています。フォックス社のCTOは、AI技術の普及とともに、さらに多くのニュースメディアや企業がこの技術を統合するだろうと楽観的です。この技術は、AI企業とクリエイターの双方にとって有益であり、ユーザーが消費するコンテンツの信頼性に不安を感じることを重要視しています。また、ブロックチェーン技術を使ってデータの正確性を確立し、画像やテキスト、動画などのコンテンツの真正性を暗号的に検証することができます。それにより、特定の個人やブランドによって作成されたコンテンツであることを検証できるようになります。最終的に、ブランドが検証済み情報を積極的に提供することは、利用者がコンテンツの信頼性や有効性を理解するのに役立ちます。AIによるコンテンツは急速に生成されており、AIの能力が向上するにつれて継続しています。この問題を解決するために、技術的な環境が作られ、消費者がコンテンツを効果的に消費できるようにするために、協力して働かなければならないと述べています。

2か月前、メディア大手であるFox Corp. がEthereumを重点とするレイヤー2のブロックチェーンの開発者であるPolygon Labsと提携し、深刻なテクノロジー問題であるディープフェイクに取り組むことが発表されました。FoxとPolygonはVerifyというプロトコルを立ち上げ、知的財産権を保護する一方で、消費者がコンテンツの信頼性を検証できる環境を提供することを目指しています。

この取り組みについて、Fox Corp. のCTOであるMelody Hildebrandt氏は、その先進性を評価し、ニュース配信会社やメディア企業などがこれを積極的に導入することで、AI技術を活用したメディア業界において双方にメリットがあると述べています。また、Polygon LabsのCOOであるMike Blank氏は、エンドユーザーにとっても信頼性のあるコンテンツを消費できる環境が重要であると語っています。

ブロックチェーン技術はデータの正確性を保証し、画像やテキスト、動画などのコンテンツの信頼性を暗号技術で検証することができるため、その導入が望ましいと述べられています。ブランドは、検証された情報を積極的に提供することが、エンドユーザーにとってもメリットがあるとされています。さらに、AIによるコンテンツ生成が急速に進行している中で、技術環境の整備が必要であり、各関係者が協力して信頼性の高いコンテンツ環境を構築していく必要があると指摘されています。

引用元記事はこちら
Blockchain tech could be the answer to uncovering deepfakes and validating content